三菱アウトランダーが2020年にフルモデルチェンジ!

2019年9月27日三菱の新車情報PHEV, SUV

Mitsubishi Outlander 3rd Gen Spyshot

三菱 アウトランダーが、2020年にフルモデルチェンジされます。
新型のデザインは、2019年のジュネーブ・モーターショーで発表されたコンセプトカー「エンゲルベルク・ツアラー」に倣ったものになりそうです。

今回は新型アウトランダーのスパイショットと最新情報をご覧ください。

更新情報

最新のスパイショットを追加しました。(2020/01/30)


三菱 アウトランダー(第3世代)の最新情報

エクステリア

スパイショット

第3世代となる三菱アウトランダーのテストカー

ダイナミックシールドデザインが継続採用される

新型アウトランダーの顔つきは、コンセプトカーのエンゲルベルク・ツアラーに似たものになるだろう。

新型は現行型よりもボクシーなフォルムになるようだ。

比較用に2代目アウトランダー

ルーフラインもウエストライン(サイドウィンドウ下端のライン)も真っ直ぐ。

比較用に2代目アウトランダーのサイドビュー

新型はテールゲートガラスの面積が狭くなり、スポーティーなリア周りになった。

比較用に2代目アウトランダーのリア周り

テールライト等のデザインは、やはりエンゲルベルク・ツアラーを参考にしているようだ。

エンゲルベルク・ツアラーのリア周り
スパイショットの出典: motor1.com

2代目は都市型SUV的なデザインでしたが、新型は角張ったフォルムをしているので、もう少しオフローダー的なデザインになるでしょう。

最新のスパイショット(2020年1月撮影)
Mitsubishi Outlander 3rd Gen Spyshot
新型アウトランダーのテストカー

Mitsubishi Outlander 3rd Gen Spyshot front
ヘッドライト下のLEDは、やはりエンゲルベルク・ツアラー風のデザインだ。

Mitsubishi Outlander 3rd Gen Spyshot front three quarter
ヘッドライトは車体側面までかなり回り込んでいる。

Mitsubishi Outlander 3rd Gen Spyshot side
ウインドウはかなり直線的。

Mitsubishi Outlander 3rd Gen Spyshot rear three quarter
テールライトは水平方向に長いデザインのようだ。

Mitsubishi Outlander 3rd Gen Spyshot rear
テールゲートスポイラーは大きめ。開口部地上高は比較的高めだ。
画像の出典: motor1.com

目次に戻る

パワートレイン

ガソリン車にはエクリプスクロス1.5リッター・直列4気筒ガソリンターボ(150ps)が搭載されるかもしれません。
ただしアウトランダーの車格に合わせて、パワーアップされる可能性があります。

プラグインハイブリッド車(PHEV)には、引き続き2.4リッター・直列4気筒が搭載されるでしょう。
ツインモーターの構成も現行型と同じです。
違うのは電池の容量で、70km以上のEV航続距離(WLTP基準)が確保されます。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありませんが、ミッドサイズSUVは各メーカーが力を入れている激戦区ですし、現行型から大きく値上がりすることはないと思われます。

デビューは2020年のジュネーブ・モーターショー(3月)か、ニューヨークオートショー(4月)になるでしょう。
デリバリーは2020年秋に開始されると言われています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath