日産パトロール(サファリ)の新型がかっこいい

ニッサンの新車情報SUV

日産新型パトロールを公開しました。
パトロールはかつて日本でも「サファリ」という名前で販売されていましたが、2007年6月に国内販売を終了して以来、海外専売のモデルとなっています。
ちなみに現在はアルマダという名前でも販売されています。

日産 アルマダ(2017年モデル)

今回は新型パトロールの概要をご覧ください。


日産パトロール(2020年モデル)の概要

エクステリア

新型パトロール。力強くてスタイリッシュなデザインだ。

リア周りは比較的オーソドックス。

日産のファミリーフェイスであるVモーショングリルが採用され、ブーメラン型のヘッドライトと組み合わせてあります。
フロントエンドは角張ったデザインで、SUVらしい力強い印象となりました。

テールライトもブーメランシェイプですが、クロームのネームプレートにより左右が接続され、ワイド感が強調されています。
シーケンシャルウインカーも装備されているようです。

目次に戻る

インテリア

新型パトロールのインテリア

センターコンソールのディスプレイが、最近流行りの上下2段式になりました。
上段はナビ、下段はクライメートコントロールです。
Android AutoとApple CarPlayにも対応しています。

ダイヤモンドステッチキルティングレザーシートや、ハンドステッチを施したステアリングホイールなども装備されており、高級感も十分です。
エアコンも改善され、暑い地域でも車内を素早く冷却できるようにエアフローが工夫されています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは4.0リッター・V型6気筒ガソリン自然吸気(275ps・394Nm)と、5.6リッター・V型8気筒ガソリン自然吸気(400ps・560Nm)の2種類です。

駆動方式はオールモード4×4を搭載。
モード切り替えにより、あらゆる条件に対応可能です。

なおV8モデルには、油圧式ボディモーションコントロールが付属しています。
ロールを抑え、快適な乗り心地と安定性を生み出すシステムです。

目次に戻る

運転支援システム

歩行者検出機能付きのインテリジェントエマージェンシーブレーキや、インテリジェントフォーワードコリジョンワーニング(前方衝突警告)など、日産インテリジェントモビリティテクノロジーが搭載されています。

目次に戻る

価格・発売日

2019年9月中に中東で発売されます。
価格はまだ公表されていません。

海外だとパトロールはトヨタ ランドクルーザーのライバルなので、日本にも再導入してもらいたいですね。
パトロールは生産を日本で行っているのに、日本で売られていないのは残念です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath