BMW M340i xDrive 速くて渋い! ツーリングもラインナップ

BMWの新車情報bmw 3 series(G20), ステーションワゴン, セダン

BMWG20型・3シリーズのラインナップに「M340i」を追加しました。
M3の無いツーリング(ステーションワゴン)にとっては、これが最上級グレードとなります。

今回はBMW M340iの概要をご覧ください。


BMW M340iの概要

エクステリア

BMW M340i xDrive

セリウムグレーメタリックのミラーキャップは専用品。

空力と冷却を考慮したバンパー。開口部はハニカムメッシュとなっている。

キドニーグリルも専用品。

標準装備のMスポーツサスペンションは車高10mmダウン。

標準装備は18インチホイール。ブルーのキャリパーが眩しい。

ボディ同色のMリアスポイラーを装着する。

後ろから見ると普通のセダンにしか見えない。

台形テールパイプも専用品。

こちらはツーリング。

速そうなステーションワゴンはかっこよく見える。

実用的でしかも速いという、ワガママを叶えてくれるモデルだ。

セダンと同じく、こちらも台形テールパイプを装着する。

目次に戻る

インテリア

BMW M340iのインテリア。

ツーリングのインテリアだが、赤い内装色も選べるようだ。

Mパフォーマンスモデルオリジナルのグラフィックが用意されているようだ。

ワゴンのドアを開けて内装がこのカラーリングだったら素敵すぎる。

専用のスカッフプレート。

目次に戻る

シャシー

M340i xDriveは、電子制御マルチプレートクラッチを使用するAWD(全輪駆動)車です。
そのため前輪と後輪に分配するトルク配分を完全に制御できます。
DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)とも連動しているため、SPORTやSPORT+モードを選択した際には、後輪により多くのトルクが配分されます。

バリアブルスポーツステアリングやM Sportディファレンシャル、M Sportサスペンションなども標準装備されています。
オプションでアダプティブMサスペンションも装着可能です。

ブレーキは、フロントが4ピストンキャリパーに348mm径ディスクを、リアがシングルピストンキャリパーに345mm径ディスクを組み合わせてあります。
M Technicパッケージを装着すると、フロントのディスク径が374mmにアップグレードされます。

タイヤはフロントが225/45 R18、リアが255/40 R18です。
19インチホイールもオプションで用意されています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは3.0リッター・直列6気筒直噴ガソリンターボで、374ps・500Nmを発生します。
先代モデルの同グレードと比較すると、パワーは+35ps、トルクは+50Nmも向上しました。
0-100km/hは4.4秒(ツーリングは4.5秒)、最高速は250km/hです。

クランクケースはクローズドデッキ構造のアルミ製。
ピストンやコンロッド、鍛造スチール製のクランクシャフトなど、内部パーツは軽量化されています。
シリンダーはスリーブレスで、ワイヤーアーク溶射されたスチールでコーティングされており、フリクションロスを低減しています。

排気の流れが移動する距離を減らすために、ターボチャージャーはエキゾーストマニホールドに統合されました。
そのため低回転からブーストがかかりやすい構造です。
また、タービンの質量慣性モーメントを25%削減することで、レスポンスがさらに向上しています。

直噴インジェクターの噴射圧は、200barから350barに引き上げられました。
これによりエミッションが減少しています。

冷却面にも抜かりはありません。
スプリットクーリングバルブは、クランクケースの冷却を一時的に停止し、暖気を最適化するものです。
また、オプションのM Technicパッケージを装着すれば、2つのリモートクーラントラジエターを追加して、特に高温環境下におけるスポーツ走行時の温度管理を容易にします。

トランスミッションは8速ステップトロニック。
もちろんシフトパドルでギア選択が可能です。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ判明していません。

発売は2019年11月です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath