アウディ Q2が2020年にマイナーチェンジ

2019年12月9日Audiの新車情報SUV

audi q2 my2020 spyshot

アウディのコンパクトSUV「Q2」も、欧州での発売(2016年11月)から3年が経過し、マイナーチェンジの時期を迎えています。
新型Q2の変更点は内外装のリフレッシュと、48Vマイルドハイブリッドの追加です。

今回は新型Q2の最新情報とスパイショットをご覧下さい。


アウディ Q2(2020年モデル)の最新情報

エクステリア

スパイショット

audi q2 my2020 spyshot front
アウディ Q2(2020年モデル)のテストカー。

audi q2 my2020 spyshot front three quarter
バンパー、フェンダー、サイドステップなどは総取っ替えのようだ。

audi q2 my2020 spyshot side
テストカーのLEDヘッドライトはDRLのグラフィックが変更されている。

audi q2 my2020 spyshot rear three quarter
リア周りもフェンダーとバンパーが変更されるようだ。

audi q2 my2020 spyshot rear
マフラーはセンター出しになるのだろうか。

新型はフロントグリル、フロントバンパー、フロントフェンダー、サイドスカート、リアバンパー、リアフェンダーなどのデザインが変更されるようです。
ヘッドライトも新しいLEDユニットになると見られています。
これらの変更は、最新のアウディ製SUVの外観的特徴とQ2のそれとを一致させるために行われるようです。

目次に戻る

インテリア

audi q2 my2017 interior
アウディ Q2(2017年モデル)のインテリア

内装に関しては、トリムとマテリアルの更新が行われるのみで、大きなデザイン変更は無さそうです。
インフォテイメントはおそらく更新されますが、エントリーモデルであるQ2にはコストの制約があるため、Q7のような上下2段のデュアルスクリーンシステムは採用されないでしょう。

目次に戻る

パワートレイン

メーカーの平均CO2排出量をディーゼルラインナップの拡充で減らしてきたアウディですが、そのディーゼルの売れ行きが排ガススキャンダルでダメージを受け、しかも規制強化により開発費用も高騰したため、アウディは電化に躍起です。
新型Q2にも48Vマイルドハイブリッドが採用されると言われています。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありませんが、コンパクトSUVは激戦区なので、価格が大きく引き上げられるようなことはないでしょう。
おそらくM/C前と同様の価格帯で販売されるはずです。
ちなみに現行型アウディ Q2の日本価格は、312~470万円となっています。

欧州でのデリバリーの開始は、2020年半ばからになるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath