ゴードン・マレー T.50 V12搭載・3人乗りの「ファンカー」

他メーカーの新車情報スーパーカー

Gordon Murray T.50

あのマクラーレン F1をデザインしたゴードン・マレーが、新たなスーパーカーを開発中です。

T.50」と呼ばれる新型車は、超軽量な車体とグラウンド・エフェクト用のファン、コスワース製のV12エンジンを搭載します。
また、マクラーレンF1と同様に、3人乗りレイアウトとなるようです。

今回はゴードン・マレー T.50の概要をご覧ください。


ゴードン・マレー T.50の概要

エクステリア

Gordon Murray T.50
ゴードン・マレー T.50

Gordon Murray T.50 Aero
空気の流れの模式図。ファンは冷却やドラッグ・リダクションにも用いられる。

Gordon Murray T.50 fan off
ファンがOFFの状態。

Gordon Murray T.50 fan on
ファンがONになると、車体後部上面の空気がスムーズに流れるようになる。

T.50は、リアエンドにグラウンド・エフェクト用のファン(直径400mm)を搭載しています。
かつてゴードン・マレー氏がデザインしたF1マシン「ブラバム BT46B(通称ファンカー)」と同様に、床下の空気を吸い出すためのものです。

しかしT.50のファンはBT46Bと異なり、ダウンフォースを生み出すだけのものではありません。
冷却にも使えますし、「ストリームライン」モードではドラッグ(空気抵抗)を10%低減して直線での最高速を向上させることもできます。
ちなみに「ハイダウンフォース」モードでは、ダウンフォースが30%も増加するそうです。

ちなみに車重は980kgしかありません。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンはコスワース製の3.9リッター・V型12気筒ガソリン自然吸気です。
最高回転数は12,100rpmという超高回転型エンジンは、最高出力650ps、最大トルク450Nmを生み出します。

このエンジンには48ボルトのISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)が組み合わされており、ラム圧を利用したインダクションと合わせて、最高出力を700ps(Vmaxモード)まで引き上げることが可能です。

目次に戻る

価格・発売日

価格は200万ポンドです。
記事執筆時点のレートで日本円に換算すると、約2.85億円となります。
生産台数は限定100台です。

2020年の第1四半期中に、完成したボディが空力テストにかけられます。
風洞はF1チームのレーシング・ポイントが所有するムービングベルト風洞が用いられるそうです。
デリバリーは2022年1月を予定しています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath