他メーカーの新車情報 新車情報

ブラバム・BT62 F1で活躍した「ブラバム」の名を有するスーパーカー

更新日:

かつてF1で活躍したブラバムの名前が、スーパーカーブランドとして復活します。

ブラバム・BT62は形こそフォーミュラカーではありませんが、れっきとしたサーキット専用の車です。
ライバルはマクラーレン・セナだと言われています。

今回はブラバム・BT62のスペックや画像などについてまとめてみました。
F1チームとしてのブラバムの歴史にも簡単に触れています。

sponsored link


ブラバムとは?

オーストラリア人として初めてF1ワールドチャンピオンになった「ジャック・ブラバム」が、ロン・トーラナックとともに興したコンストラクターです。
F1には1962年から参戦を開始し、1966年にはブラバム自身のドライビングによって、ドライバーズとコンストラクターズの2冠を獲得、翌年も両部門で連覇(ドライバーズ・タイトルはデニス・ハルムが獲得)しました。

Embed from Getty Images
左がジャック・ブラバム。右がデニス・ハルム。

ブラバムが運営から手を引いた後は、あのバーニー・エクレストンがチームを買収。
アルファロメオエンジン時代には苦戦したものの、迷車BT46B "ファン・カー"で、ニキ・ラウダ(現在はメルセデスAMG F1の非常勤取締役)が勝利を挙げています。

Embed from Getty Images
ニキ・ラウダの駆るファン・カーはデビューウィン。しかしグラウンド・エフェクト・カーは禁止されてしまった。

その後ブラバムはフォード・コスワースDFVやBMWターボを搭載し、ネルソン・ピケとともに2度のワールドタイトルを獲得しますが、その活躍を最後にチームは低迷し始めます。
日本にF1ブームが起こった頃には、ブラバムは既に下位チームとして定着していました。

Embed from Getty Images
ネルソン・ピケが居た頃は良かったのだが……。写真はブラバムBT52B・BMW

1990年には日本人実業家に買収され、91年にはヤマハエンジンを搭載しましたが、低迷を脱するには至らず、日本のバブル崩壊とともに、ブラバムもまたその歴史に幕を下ろしたのでした。

ブラバムがF1で最後に走らせたマシンは、92年のBT60Bです。
後にワールドチャンピオンとなるデイモン・ヒルが、F1デビューを果たしたマシンでもあります。
デーモンつながりで、ヘビィメタルバンドの聖飢魔II(ボーカルはデーモン小暮閣下)がスポンサードしたことでも有名です。

Embed from Getty Images
デイモン・ヒルが懸命にBT60Bを走らせたものの、ベルギーでの11位完走が最上位リザルトだった。

また、F1では走らなかったものの、BT61の開発も進められていました。
ブラバム・BT62は、F1マシンの命名規則を引き継いでいるのです。

目次に戻る

ブラバム・BT62の概要

BT62はミッドシップのGTカー然としています。
ボディワークはカーボンファイバー製ですが、内部はチューブラーフレームです。

エクステリアはCFDを用いてデザインされており、空力にも配慮されています。
ダウンフォースは最大1200kgも発生するそうです。

サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーン式。
プッシュロッドということなので、ダンパーとスプリングはオンボードでしょう。

オーリンズ・ダンパーは4wayの調整が可能で、やはり調整式のスタビライザーと組み合わされています。
ブレーキはブレンボ製のカーボンディスクブレーキです。

BT62の最大の強みは、その軽さにあります。
何しろ乾燥重量は972kgしかありません。
やはり軽量がウリであるマクラーレン・セナの乾燥重量が1198kgであることを考えると、BT62の軽さは驚異的です。

エンジンは5.4リッター・V型8気筒ガソリン自然吸気です。
最高出力710ps最大トルク667Nmとなっています。

ギアボックスは6速シーケンシャルで、ステアリングのパドルでシフト操作が可能です。

インテリアはカーボンとアルカンターラで構成されています。
レーシングカーのようなステアリングの奥にあるのは、12インチのデジタル・インストゥルメント・クラスターです。

BT62は70台限定で生産されます。
ブラバムがF1で35勝したことを記念し、最初の35台はグリーン&ゴールドのカラーリングでデリバリーされるそうです。
これは1966年のフランスGPでジャック・ブラバムが優勝した際に乗っていた、BT19のカラーリングにちなんだものなのだとか。
残りの35台に関しては、購入者が選んだカラーリングとなります。

価格は100万ポンドだそうです。
1ポンド=150円換算だと、なんと1.5億円!
価格にはサーキットでの訓練プログラムも含まれているというものの、サーキット専用でFIA-GT3よりも高価なマシンが、はたして70台も売れるのかは疑問です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

関連コンテンツユニット

-他メーカーの新車情報, 新車情報
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.