他メーカーの新車情報 新車情報

Rimac C_Two 1914馬力のハイパーEV! レベル4自動運転も!?

更新日:

クロアチアのリマック・アウトモビリが、C_Twoというハイパーカーを発表しました。
1914psという驚異的なパワーを発生するEVです。

今回はリマック・C_Twoの画像と、概要についてお伝えします。


Rimac C_Twoの概要

エクステリア

目次に戻る

インテリア

目次に戻る

パワートレイン

C_Twoには4つのモーターが搭載されており、それぞれが各ホイールを駆動します。
そのため全てのホイールでトルクベクタリングが可能です。
前後いずれかの駆動を完全にシャットアウトし、2駆として動かすこともできます。

4つのモーターは1914psという最高出力と、2300Nmという最大トルクを生み出します。
結果として0-60mph(0-96km/h)加速にわずか1.85秒しかかかりません。
ちなみにテスラ・ロードスターⅡでも、0-60mphには1.9秒かかっています。

ちなみに0-100mph(0-160km/h)でも、C_Twoはたったの4.3秒です。最高速は412km/hとなっています。

バッテリー容量は120kWhという巨大なものです。
このバッテリーは液冷式で、サーキットなどでの過酷な使用条件にも対応しています。
リマックは航続距離650kmを主張していますが、その数値はどうやらNEDCでのもののようです。
NEDCは実燃費との乖離が激しいので、実際の航続距離は7〜8割程度と考えるべきでしょう。

目次に戻る

自動運転

C_Twoには8台のオンボードカメラ、2台のLIDAR、6台のレーダーエミッタ、12台の超音波センサー、そして非常に正確なGPSが搭載されています。
これらによってレベル4自動運転を実現したそうです。

人工知能も搭載されており、C_Twoは顔認証で鍵の開け閉めが可能なのだとか。
鍵の閉じ込めトラブルも、過去のものになりそうですね。

目次に戻る

価格・発売時期

価格はまだ判明していませんが、生産台数はわずか150台ということで、相当な高額になるのは間違いありません。

生産は2018年後半から開始されます。
デリバリーはおそらく2019年以降でしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-他メーカーの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.