他メーカーの新車情報 新車情報

Techrules Ren RS マイクロタービン・レンジエクステンダー搭載のハイパーカー

投稿日:

中国のTechrules(テックルールズ)という会社が、Ren RSというレンジエクステンダーEVを公開しました。
サーキット専用車ですが、1000馬力以上の最高出力を発生するハイパーカーです。

今回はTechriles Ren RSの概要についてお伝えします。

sponsored link


Ren RSの概要

エクステリア

サーキット専用車のRen RS

エグいデザインのフロントスプリッター

戦闘機のようにキャノピーが開く

リア周りは完全にレーシングカーだ。

スワンネックの巨大なリアウイング。

ロードカーバージョンのRenのデザインを手掛けたのは、ジョルジェット・ジウジアーロファブリツィオ・ジウジアーロの親子ですが、Ren RSはL.M. Gianettiの手でリファインされています。

RSは元々のRenとは異なり、シングルシーターに変更されています。
サーキットでのタイムを追求した結果でしょう。
アグレッシブなエアロのインパクトは抜群です。

目次に戻る

インテリア

シングルシーターとなったRen RSのコクピット。

メータークラスターとステアリングにモニタがついている。

ステアリング左側のスイッチはキャノピー操作用

センターコンソールのスイッチ類は整然と並んでいる

内装は完全にレーシングカーのそれです。
ステアリングにはまるでF1マシンの如くたくさんのボタンが並んでいますし、センターコンソールは戦闘機のようです。

目次に戻る

シャシー

カーボンモノコックが採用されています。
前後サスペンションはダブルウィッシュボーン式で、ショック・ユニットはKW製のコイルオーバーダンパーです。

ブレーキはAPレーシング製の6ピストンキャリパーに、φ380のカーボンセラミックブレーキディスクを組み合わせてあります。

トラクションコントロールやトルクベクタリングなど、電子制御によるドライバーエイドも万全です。
トルクは路面状態に応じて各ホイールに適切に分配されます。

ボディサイズ

各部寸法(mm)
全長 5072
全幅 2055
全高 1260
ホイールベース 2724

目次に戻る

パワートレイン

Ren RSはマイクロタービンを搭載するレンジエクステンダーEVです。
このタービン・レンジエクステンダーによって航続距離を延長できるため、バッテリー容量は28.4kWhと少なめになっています。
燃料タンクにある80リッターの軽油を利用すれば、1170kmを走行可能だそうです。

モーターはフロントに2つ、リアに4つの合計6つを搭載。1305psの最高出力と、2340Nmの最大トルクを叩き出します。
0-100km/hは3.0秒、最高時速は330km/hです。

モーターが4つのバージョンもあり、そちらは870ps、1560Nmとなっています。

目次に戻る

本当に速いのか?

夢のある数字が並んでいますが、本当に速いかは疑問が残ります。

Ren RSは1メガワット(1360ps)近いハイパワーな割りに、0-100km/h加速のタイムが意外と遅い(それでも3秒フラットだが)です。
複雑なシステムのせいで乾燥重量1854kgと結局重くなってしまったことや、バッテリー容量の小ささが原因ではないかと思います。
EVのテスラ・ロードスターⅡの方がRen RSよりも加速性能に優れているのは、一度に放電できる電力量に差があるためではないでしょうか。

スペック上では素晴らしい数値となるタービン・レンジエクステンダーですが、テスラのようなハイパフォーマンスEVや、ハイパワーなガソリンエンジンを搭載したハイパーカー(例えばケーニグセグなど)よりも、優れているとは言い切れないと思います。
かつて同様のシステムを採用したジャガー・C-X75コンセプトも、結局市販化されませんでしたしね。

ただ、自動車にマイクロタービンを採用した事例が極端に少ないので、まだ開発の余地はあると思います。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

関連コンテンツユニット

-他メーカーの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.