AMG GT 73 4ドアクーペ最強モデルは800馬力オーバー!?

Mercedes-Benzの新車情報4ドアクーペ, AMG GT 4door Coupe, AWD, PHEV

AMG GT 73 teaser

AMG GT 4ドアクーペに、「GT 73」が追加されるかもしれません。
メルセデスAMGが2019年を締めくくる動画で、ほんの少しだけその存在が示唆されたのです。


動画に登場するAMG GT 4ドアクーペは、カモフラージュされたリアバンパーを装着しており、モーター音だけを残して走り去っていきます。
もしかするとGT 73はプラグインハイブリッド(PHEV)なのかもしれません。

今回はAMG GT 73の最新情報についてお伝えします。


AMG GT 73の最新情報

AMG GT 73は、2017年に発表された「AMG GTコンセプト」の市販バージョンに該当すると考えられています。

AMG GT Concept 2017 front
2017年に発表されたAMG GTコンセプト

AMG GT Concept 2017 side
スポーティーなだけでなく、ラグジュアリーな印象も漂わせていた。

AMG GT Concept 2017 rear
カーボンファイバー製のディフューザーはAMG GT Rを彷彿とさせる。

AMG GT Concept 2017 camera
サイドミラー代わりのカメラには「EQ Power+」と書かれている。

AMG GT 4ドアクーペの現在のラインナップは以下の通りです。
駆動方式は全車4MATIC+(全輪駆動)で、全車に48Vマイルドハイブリッドの「EQ Boost」が搭載されています。

グレード 排気量 エンジン 出力(ps) トルク(Nm)
GT 43 3.0 直6 367 502
GT 53 435 520
GT 63 4.0 V8 585 800
GT 63 S 639 900

GT 73はGT 63 Sの上位モデルとなります。
エンジンはGT 53やGT 63(GT 63 S)と同じく、4.0リッター・V型8気筒ガソリンツインターボを搭載しますが、最高出力は816ps(600kW)という説が有力です。
これに電動モーターとバッテリーを組み合わせたセットアップになるでしょう。

48Vマイルドハイブリッドの強化版や、ストロングハイブリッドが搭載される可能性も否定できません。
しかしAMGでチーフ・マネジメント&セールスを務めるMichael Knoller氏は、2020年にプラグインハイブリッドを導入するとコメントしているので、GT 73がPHEV化される確率は非常に高いです。

エンジンのパワーアップとモーターのアシスト、そしてハイテク全輪駆動システムの4MATIC+により、GT 73は0-100km/h加速を3秒未満でこなすと予想されています。

AMG GT Concept 2017

AMG GT 73は、2020年3月のジュネーブモーターショーでデビューするという説が有力です。
発売は2020年後半になると思われます。
価格はGT 63 S 4MATIC+(2,397万円)を大幅に上回ることになるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath