ポルシェ 718 GTS4.0 自然吸気フラット6 + 6速MTで原点回帰!

2020年1月4日Porscheの新車情報Porsche 718 Cayman, スポーツカー, 自然吸気エンジン

Porsche 718 Boxster GTS 4.0 front

ポルシェ718ケイマン / ボクスターに「GTS 4.0」というモデルを追加しました。
GTS 4.0は、ケイマン GT4と同じく自然吸気のフラット6を搭載すると見られています。

718ケイマン / ボクスターにはフラット4ターボが搭載されていますが、ポルシェ愛好家からは歓迎されず、そのせいで718の売上は落ちているのだそうです。
ポルシェは718を自然吸気に原点回帰させることで、売上の回復を目論んでいます。

今回は718 GTS 4.0の概要をご覧ください。


ポルシェ 718 GTS 4.0の最新情報

エクステリア

公式画像

Porsche 718 Cayman GTS 4.0 front
718ケイマンGTS 4.0。フロントリップなどがダークな仕上げとなっている。

Porsche 718 Cayman GTS 4.0 rear
テールライトもダークレンズとなっている。

Porsche 718 Boxster GTS 4.0 front
こちらは718ボクスターGTS 4.0

Porsche 718 Boxster GTS 4.0 rear
車高が20mmダウンされているので、オープンにしたボクスターの低さが際立っている。

コントラストを効かせたダークなディテールが特徴です。
スポイラー、フロントバンパーのエアスクープ、フォグライトレンズ、テールライトレンズ、ディフューザー部分などに適用されています。

ホイールはサテングロスブラックの20インチです。

スパイショット

Porsche 718 Cayman GTS 4.0 spyshot front
718ケイマンGTS 4.0と見られるテストカー

Porsche 718 Cayman GTS 4.0 spyshot front three quarter
フロントバンパーはGTSと同じもののようだ。

Porsche 718 Cayman GTS 4.0 spyshot side
ホイールが小さめに見えるのは、スタッドレスを履いているためだろうか。

Porsche 718 Cayman GTS 4.0 spyshot rear three quarter
GT4とは異なり、リアウィングは装着されていない。

Porsche 718 Cayman GTS 4.0 spyshot rear
エキゾーストの取り回しはGT4と同じだ。
画像の出典: motor1.com

テストカーはGTSと同じバンパーを装着しているものの、エキゾーストはセンター出しではなく、ディフューザーの左右に排気口が設置されています。
これはGT4と同じレイアウトです。

目次に戻る

インテリア

Porsche 718 Boxster GTS 4.0 interior
718ボクスターGTS 4.0のインテリア。ダークアルカンターラ仕上げだ。

Porsche 718 Cayman GTS 4.0 interior
こちらは718ケイマンGTS 4.0。Aピラーもダークアルカンターラ仕上げとなっている。

インテリアもエクステリアと同様に、ダークな仕上げとなっています。
ステアリング、ドアアームレスト、センターコンソール、シフトレバーなどはダークアルカンターラ仕上げです。
ケイマンGTS 4.0の場合は、Aピラーやルーフライニングもダークアルカンターラとなっています。

オプションのGTSインテリアパッケージを装着すると、カーマインレッドもしくはチョークのカラーリングに変更できます。
こちらのセンターコンソールトリムはカーボンです。

タッチスクリーンは7インチで、ポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)と、トラックプレシジョンアプリを含むスポーツクロノパッケージが標準装備されています。

また、BOSEサラウンドサウンドシステムや、Burmesterハイエンドサラウンドサウンドシステムもオプションで選択可能です。

目次に戻る

シャシー

ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)が標準装備されています。
車高はスタンダードと比較して20mmダウン。
オプションのPASMスポーツサスペンションを装着すれば、さらに10mmダウンとなります。

その他の標準装備は、ポルシェスタビリティマネジメント(PSM)、ポルシェアクティブドライブトレインマウント(PADM)、機械式LSDを含むポルシェトルクベクタリング(PTV)、スポーツクロノパッケージを含むポルシェトラックプレシジョンアプリなどです。

タイヤはフロント235/35 ZR20、リア265/35 ZR20。
ブレーキも強化され、クロスドリルドディスク(フロント350φ, リア330φ)と組み合わせてありますが、ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)はオプションです。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは4.0リッター・水平対向6気筒ガソリン自然吸気です。
ケイマン GT4や718 スパイダーに搭載されているものと同じエンジンですが、最高出力は20psデチューンされて400ps・418Nmとなります。
最大トルクは418Nmで2Nmのダウンです。
トランスミッションは6速MTのみとなっています。

GTS 4.0は、GT4と比べると幾分パワーが落ちるものの、フラット4ターボを搭載するGTSより35psもパワフルなモデルとなります。
GTS 4.0がGTSに取って代わるのか、それとも両方のグレードが併売されるのかは不明ですが、GTS 4.0はピュアスポーツ愛好家にとって、かなり魅力的なモデルとなるはずです。

GTS 4.0のパフォーマンスは、0-100km/hが4.5秒、最高速は293km/hとなっています。
パフォーマンスだけでなく、スポーツエキゾーストが奏でるNAサウンドも魅力です。

目次に戻る

価格・発売日

ドイツ本国での価格は、718ケイマン GTS 4.0が81,926ユーロ、718ボクスター GTS 4.0が83,946ユーロです。
記事執筆時点のレートで日本円に換算すると、ケイマンが約1,004.6万円、ボクスターが約1,029.4万円となりますが、正式な日本価格はまだ発表されていません。

ヨーロッパでは2020年3月からデリバリーが開始されるそうですが、日本導入時期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath