ポルシェ 718ケイマンGT4 / 718スパイダー これぞピュアスポーツ!

Porscheの新車情報, 新車情報Porsche 718 Boxster, Porsche 718 Cayman, スポーツカー

718スパイダー

ポルシェ718ケイマンGT4718スパイダーを発表しました。
4.0リッター・フラット6ガソリン自然吸気エンジンを搭載しています。

718ケイマンGT4

今回は718ケイマンGT4と718スパイダーの概要をご覧ください。


ポルシェ 718ケイマンGT4と718スパイダーの概要

エクステリア

718ケイマンGT4

車高はPASMにより30mmダウン。

マフラーの変更でディフューザーの効率が大きく向上した。

こちらは718スパイダー

軽量なソフトトップを採用している。

718ケイマンGT4は、空力が大幅に改善されました。
ドラッグを増やすことなく、最大で50%も多くダウンフォースを生み出します。

ダウンフォース増に貢献しているのは、フロントリップスポイラーとリアディフューザー、そしてリアウイングです。
特にリアデュフューザーは、シングルチャンバー・サイレンサーを採用したことでスペースが広がり、効率が大きく向上しました。

718スパイダーには、可動式のリアスポイラーが装備されています。
これは120km/h以上になると自動的に作動するものです。
サイレンサーとリアデュフューザーは、GT4と同様のものが装着されています。

ボディサイズ

項目 GT4 スパイダー
全長(mm) 4,456 4,430
全幅(mm) 1,801
全高(mm) 1,269 1,258
ホイールベース(mm) 2,484
車重(kg) 1,420

数値は欧州仕様のものです。

目次に戻る

インテリア

718ケイマンGT4のインテリア

718スパイダーのインテリア

GT4のオプションには、6点式シートベルトやロールケージ、消火器などを搭載する「クラブスポーツパッケージ」が設定されています。

目次に戻る

シャシー

ハイパフォーマンスGTシャシーが採用されています。
軽量なストラットサスペンションを装備するフロントおよびリアアクスルは、レーシングテクノロジーが駆使されているそうです。
ピロボールも一部に使われています。

ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント(PASM)により、車高は30mmダウン。
ポルシェ・スタビリティ・マネジメント(PSM)はさらに高精度・高感度となっていますが、無効にすることも可能です。
また、機械的なリアデフの差動制限を備えたポルシェ・トルク・ベクタリング(PTV)も用意されています。

ブレーキは大型のアルミモノブロックキャリパーが標準、オプションでポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ(PCCB)を選択可能です。

タイヤに関しては、ウルトラ・ハイパフォーマンス・タイヤ(UHP)が新たに装着されました。
これらをフル装備した718ケイマンGT4はニュルブルクリンク・ノルドシュライフェにおいて、先代GT4より10秒以上も速いそうです。
981型ケイマンGT4のタイムは7分42秒だったので、新型は7分30秒を切るかもしれませんね。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは4.0リッター・水平対向6気筒ガソリン自然吸気です。
3.8リッターになるという噂もありましたが、結局4リッターになったようです。

最高出力は420ps/7,600rpm、最大トルクは420Nm/5,000-6,800rpmとなっています。
レーシングカーの718ケイマンGT4クラブスポーツ(自然吸気の3.8リッター・フラット6搭載)が425psなので、レーシングカー並のスペックです。
ガソリンパティキュレートフィルター(GPF)や気筒休止システム、ピエゾインジェクターや可変吸気システムなどを搭載することで、エミッションにも配慮されています。

トランスミッションは6速マニュアルのみです。

GT4、スパイダーともに、0-100km/hは4.4秒、0-200km/hは13.8秒となっています。
最高速はGT4が304km/h、スパイダーが301km/hです。

目次に戻る

価格・発売日

米国価格はスパイダーが96,300ドル(約1,043万円)、GT4が99,200ドル(約1,075万円)となっていますが、日本ではボクスターGTSが1,038万円で販売されているので、もう少し上乗せされるでしょう。

欧州や米国では、すでに予約を受け付けているようです。
デリバリーは2020年春以降となります。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath