AMG GLA 45 4MATIC+ 最強の2リッターターボを搭載するハイパフォーマンスSUV

Mercedes-Benzの新車情報SUV, ハイパフォーマンスモデル

AMG GLA 45

メルセデスAMGが、新型GLA 45 4MATIC+を発表しました。
新型GLAにAMG A45の世界最強2リッターターボを搭載したハイパフォーマンスSUVです。

今回は新型GLA 45の概要をご覧ください。


新型GLA 45 4MATIC+の概要

エクステリア

画像はクリック(スマホならタップ)で拡大できます。

AMG GLA 45
AMG GLA 45 4MATIC+

AMG GLA 45 front
他のAMGモデルと同様にパナメリカーナグリルを装着している。

AMG GLA 45 front three quarter
車高は標準のGLAから変わっていないようだ。

AMG GLA 45 front bumper
小ぶりだがカナードを装着している。

AMG GLA 45 wheel
ブレーキは大幅に強化されている。

AMG GLA 45 side
ホイールはGLA 45が19インチ、GLA 45 Sが20インチ。オプションで21インチも選択可能。

AMG GLA 45 rear three quarter
リア周りはかなりアグレッシブなデザインだ。

AMG GLA 45 rear spoiler
巨大なリアスポイラーを装着している。

AMG GLA 45 exhaust
クアッドエキゾーストとディフューザーの組み合わせは迫力満点。

目次に戻る

インテリア

AMG GLA 45 interior
GLA 45のインテリア。

AMG GLA 45 steering
GLA 45 SのAMGパフォーマンスステアリングはナッパレザーとDINAMICAマイクロファイバー仕上げ。

AMG GLA 45 interior
GLA 45 Sには室内全体に黄色いハイライトが施されている。

AMG GLA 45 seat
シートは横方向のサポートを強化したスポーティーなデザイン。

目次に戻る

シャシー

AMG GLA 45 cornering

ボディ

ボディシェルは大幅に強化されています。
ねじり剛性を高めるために、エンジン下には軽量なアルミニウム製のプレートをボルトで固定。
アンダーボディにも補強用の支柱を斜めに通し、縦と横のねじれを抑えています。

サスペンション

アダプティブダンピングシステムのAMGライドコントロールを搭載しています。
ドライバーは3つの異なるサスペンション制御モードを選択可能です。
また、サスペンションコンポーネント自体も、より高い最大横Gへの対応と、限界域でのコントロール性向上のために、徹底的な改良が施されています。
サスペンション形式はフロントがマクファーソンストラット、リアが4リンクです。

ブレーキ

グレード 前後 キャリパー ディスク径(mm)
GLA 45 フロント 4pot 350*34
リア シングル 330*22
GLA 45 S フロント 6pot 360*36
リア シングル 330*22

どちらのグレードもフロントブレーキはモノブロックキャリパーとなっています。

なお、GLA45でもオプションのAMGダイナミックプラスパッケージを装着すれば、GLA45 Sと同じブレーキを装着することができます。

ステアリング

電気機械式の速度感応式パワーステアリングは、ドライバーが選択したドライブプログラムに応じて、スポーティーもしくはコンフォートなフィードバックを提供します。
また、一体型キャリアの高剛性な取り付けにより、ステアリングとボディがより良く締結され、ステアリングの精度が向上しました。

目次に戻る

パワートレイン

AMG GLA 45 engine
項目 GLA 45 GLA 45 S
排気量(L) 2.0
最高出力(ps) 387 421
最大トルク(Nm) 480 500
0-100km/h(秒) 4.4 4.3
最高速(km/h) 250 270

トランスミッションはどちらのグレードもAMGスピードシフトDCT 8Gを搭載しています。
駆動方式も共にAMGトルクコントロールを備えたAMGパフォーマンス 4MATIC+です。
AMGトルクコントロールはリアデフに2つの電子制御マルチディスククラッチを搭載しており、左右の後輪に選択的にトルクを配分できます。

目次に戻る

価格・発売日

価格、発売日ともにまだ公表されていません。

GLA 45は、2020年3月3日にジュネーブ・モーターショーで実車がお披露目されます。
価格や発売日はその際にアナウンスされるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath