ポルシェ カイエンクーペGTS V8ツインターボ搭載

2020年4月9日Porscheの新車情報カイエンクーペ, クーペsuv

Porsche Cayenne Coupe GTS spyshot

ポルシェが「カイエンクーペGTS」を開発しています。
ターボの下に位置するモデルです。

今回はカイエンクーペGTSのスパイショットをご覧ください。

更新情報

最新のスパイショットを更新しました。(2020/05/14)


ポルシェ カイエンクーペGTSの最新情報

エクステリア

スパイショット

Porsche Cayenne GTS Spyshot front
カイエンクーペGTSのテストカー。開口部が拡大されている。

Porsche Cayenne GTS Spyshot front three quarter
ブレーキのサイズはかなり巨大だ。

Porsche Cayenne GTS Spyshot side
SUVとしては車高はかなり低め。

Porsche Cayenne GTS Spyshot rear three quarter
GTSの流儀に則って、テールライトはダークレンズだ。

Porsche Cayenne GTS Spyshot  rear
左右端のマフラーは雪が溶けていないのでダミーだとわかる。本物は中央の大径オーバルパイプだ。

フロントバンパーの開口部が拡大され、スキッドプレートのデザインも新しくなっています。
リアディフューザーも新デザインとなり、エキゾーストシステムも全く新しいものに更新されるようです。

最新のスパイショット
Porsche Cayenne Coupe GTS spyshot front
ニュルブルクリンクを走行するカイエンクーペGTSのテストカー。

Porsche Cayenne Coupe GTS spyshot
旋回中のロールが小さいので、硬めの足回りに変更されているようだ。

Porsche Cayenne Coupe GTS spyshot side
フロントブレーキの巨大さ(ディスク径は440mmとの噂)に圧倒される。ホイールは21インチ。

Porsche Cayenne Coupe GTS spyshot side rear
アクティブリアスポイラーが作動中。

Porsche Cayenne Coupe GTS spyshot  rear three quarter
作動中のアクティブリアスポイラーは、テールゲートが半開きになっているみたいに見えて不安になる。

Porsche Cayenne Coupe GTS spyshot rear
以前のスパイショットと同じく、左右端のマフラーはダミー。中央の2つが本物だ。

目次に戻る

シャシー

GTSは車高が低くなり、スタビライザーとブレーキが強化されます。
アクティブスタビライザーやトルクベクタリングはオプション扱いのようです。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは4.0リッター・V型8気筒ガソリンツインターボです。
最高出力は460ps、最大トルクは620Nmとなります。
550psのターボには及びませんが、440psのSよりは強力です。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ判明していませんが、GTSはターボ(2,010万円)とS(1,434万円)の間に位置するモデルですから、価格もそれらの間に収まるはずです。

発売は2020年後半を予定しています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath