ポルシェ新型911タルガ(992型) ユニークな外観は健在!

Porscheの新車情報オープンカー, スポーツカー, タルガトップ

porsche 911 Targa type 992

ポルシェが「新型911タルガ4 / 4S」を発表しました。
992型の911にタルガトップを装備したモデルです。

porsche 911 Targa type 992

今回は新型911タルガ4 / 4Sの概要をご覧ください。


911タルガ4 / 4S(992型)の概要

内外装

porsche 911 Targa type 992 front
新型911タルガ4

porsche 911 Targa type 992 side
タルガはBピラー部分がロールオーバー・バーとなっており、シルバーに塗装されている。

porsche 911 Targa type 992 top
オープントップの開放感とクーペの利便性を両立したモデルだ。

porsche 911 Targa type 992 rear
本来Cピラーのある部分がガラスになっているので、屋根を閉めていても一目でタルガだとわかる。

porsche 911 Targa type 992 interior
インテリアは最新の911を踏襲。

伝統的なタルガと同様に、ドライバー頭上のハードトップを開閉可能です。
ポルシェが「ラップアラウンドリアウィンドウ」と呼ぶリアデッキを含むウィンドウ部分が開閉し、ルーフが収納されます。
開閉にかかる時間は19秒です。

ハードトップな上に開閉機構まで備えているので、重量増が気になるところですが、新型タルガ4S・MT仕様の車重は1,640kgで、992型の911カブリオレ(ソフトトップ)から5kg増に抑えられています。

目次に戻る

シャシー

porsche 911 Targa type 992

タルガ4 / 4Sにはポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)が標準装備されています。
また、電子式のリアデフを含むポルシェトルクベクタリングプラス(PTVプラス)も、タルガ4Sには標準装備です。
タルガ4はオプションでPTVプラスを装着できます。

ブレーキはタルガ4がフロントに330Φのディスクと4potキャリパーを、タルガ4はフロントに350Φのディスクと6potキャリパーをそれぞれ装着しています。
ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)もオプションで注文可能です。

目次に戻る

パワートレイン

porsche 911 Targa type 992

エンジンはタルガ4 / 4Sともに3.0リッター・水平対向6気筒ガソリンツインターボです。
タルガ4は385ps・450Nm、タルガ4Sは450ps・530Nmを発生します。

どちらのグレードも8速PDKとAWD(全輪駆動)のポルシェトラクションマネジメント(PTM)が標準装備されています。
7速MT(スポーツクロノ付き)も用意されていますが、選択できるのはタルガ4Sだけです。

タルガ4のパフォーマンスは、0-100km/hが4.2秒、最高速が289km/hとなっています。
タルガ4Sは同3.6秒、304km/h(いずれもスポーツクロノパッケージ装着車の数値)です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath