VW アルテオンがマイナーチェンジ シューティングブレークと「R」モデル、PHEVを追加

2020年6月4日VWの新車情報4ドアクーペ, シューティングブレーク, セダン

VW Arteon Shooting Brake

フォルクスワーゲン(VW)アルテオンマイナーチェンジ(M/C)されました。
今回のマイナーチェンジではシューティングブレークと「R」モデル、そしてPHEVが追加されました。

今回はマイナーチェンジ後のアルテオンの変更点をご覧ください。


VW アルテオン(M/C後モデル)の変更点

シューティングブレークの追加

VW Arteon Shooting Brake front
アルテオン・シューティングブレーク

VW Arteon Shooting Brake side
ボディは大柄だが、スタイリッシュなシューティングブレークだ。

VW Arteon Shooting Brake rear
ルーフラインは尻下がりだが、後席の頭上空間はセダンよりも広くなっている。

VW Arteon Shooting Brake eHybrid
こちらは「eハイブリッド」と呼ばれるPHEVモデル。R-Lineなのでマフラーフィニッシャーが異なる。

目次に戻る

インテリアの更新

VW Arteon Facelift interior
新型アルテオンのインテリア

VW Arteon Facelift steering wheel
ステアリングホイールが新しくなった。インフォテイメントは8インチもしくは9.2インチ。

VW Arteon Facelift center console
エアコン操作パネルはタッチスライダー式に変更された。

VW Arteon Facelift seat
Rモデルにはスポーティーなバケットシートが装着される。

VW Arteon Facelift rear seat
シューティングブレークのリアシート。頭上も足元も十分に広い。

VW Arteon Facelift shooting brake luggage
シューティングブレークのラゲッジスペース容量は、最大1,632リッター。

VW Arteon Facelift luggage
セダンの最大ラゲッジスペース容量はシューティングブレークより75リッター少ないものの、十分な容量といえる。

内装のデザインだけでなく、運転支援システムも更新されています。
リアビューカメラはこれまでの90°から、広角170°の映像をインフォテイメント・ディスプレイ上で確認できるようになりましたし、0~210km/hまでの速度に対応した自動運転システム「トラベルアシスト」も搭載されています。

目次に戻る

「R」モデルの追加

VW Arteon R

新型アルテオンにはハイパフォーマンスモデルの「R」モデルが設定されました。
パワートレインは、エンジンが2.0リッター・直列4気筒ガソリンターボで、最高出力は320psです。
トランスミッションは7速DSG、駆動方式は4Motionです。

また、Rモデルにはクアッドエキゾーストやブルーにペイントされたブレーキキャリパー、29インチアロイホイール、そしてアグレッシブなエアロキットなども装備されています。

目次に戻る

PHEVモデルの追加

VW Arteon Facelift
アルテオン eハイブリッド

VW Arteon Facelift rear
アルテオン eハイブリッド

PHEVの「eハイブリッド」は、1.4リッター・直列4気筒ガソリンターボとモーターの組み合わせにより、最高出力218psを発生します。
バッテリー容量は13.7kWhで、最大54.7kmのEV走行が可能です。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。

新型アルテオンは、2020年6月24日に発表されました。
ヨーロッパでは2020年秋に発売され、年末までにデリバリーが開始されます。
しかし国内導入時期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath