VWゴルフ8 GTIクラブスポーツ 300馬力のハイテクホットハッチ

VWの新車情報ハッチバック, ホットハッチ

VW Golf8 GTI Clubsport

フォルクスワーゲン(VW)が「ゴルフGTIクラブスポーツ」を発表しました。
第8世代ゴルフGTIをさらにパワーアップした高性能バージョンです。

今回はゴルフGTIクラブスポーツの概要をご覧ください。


ゴルフ8 GTI クラブスポーツの概要

エクステリア

VW Golf8 GTI Clubsport Front
VW ゴルフ8 GTIクラブスポーツ

VW Golf8 GTI Clubsport Nose
ハニカムメッシュグリルとフロントスプリッターが特徴。19インチホイールはオプション。

VW Golf8 GTI Clubsport GTI Badge
GTIのバッジ。フォントはどこか懐かしい感じ。

VW Golf8 GTI Clubsport rear three quarter
大型化されたリアスポイラーがリフトを低減する。

VW Golf8 GTI Clubsport Rear
マフラーエンドはオーバル形状。リアデュフューザーは新しいデザインだ。

目次に戻る

インテリア

VW Golf8 GTI Clubsport Interior
ゴルフ8 GTIクラブスポーツのインテリア

VW Golf8 GTI Clubsport Front seat
シートはファブリックが標準。各所にレッドステッチが施されている。

目次に戻る

シャシー

サスペンションはGTI比で車高15mmダウン。スプリングが強化され、フロントのキャンバー角も増やされています。また、リアコントロールアームやホイールのマウントが強化されました。ダンパーベアリングも専用品です。

プログレッシブレートのパワーステアリングも調整され、コーナリング時の反応がよりダイレクトになりました。
電子制御ディファレンシャルも新しくなり、わずかなステアリング入力にも車両が素早く反応するため、アンダーステアが軽減されています。また、この新しいデフはドライブモードによって調整可能です。ちなみにニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ用のモードもあり、標準のGTIより13秒も速いとVWのエンジニアは主張しています。

フロントブレーキディスクは大径化されたものの、GTIより軽量です。ABSやスタビリティコントロールも微調整されました。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンはGTIと同じく2.0リッター・直列4気筒ガソリンターボを搭載していますが、GTIクラブスポーツはインタークーラーの大型化やターボチャージャーの変更、ECUの調整などにより、最高出力は300ps(GTI比+55ps)、最大トルクは400Nm(同+30Nm)に引き上げられました。

GTIクラブスポーツのトランスミッションも7速DCTですが、ギア比はGTIよりも低くされています。
0-100km/hは6秒未満、最高速は250km/hです。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。AutoExpressは英国価格を37,000ポンドと予想していますが、真偽は不明です。

ヨーロッパでは2020年末までに受注が開始されるようですが、日本での予約開始時期や発売時期は判明していません。
なお、限定車だった先代ゴルフ7 GTIクラブスポーツとは異なり、新型はカタログモデルとして販売されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath