GRMNヤリス? トヨタが過激なヤリスをニュルブルクリンクで開発中

トヨタの新車情報AWD, スポーツカー, ハッチバック

Toyota GRMN Yaris Spyshot at Nurburgring

トヨタGRヤリスにより過激なチューニングを施したモデルを開発しています。
ニュルブルクリンクで撮影されたテストカーには、大型のリアウイングやカナードなどを装着しており、さながらWRカーのような外観です。
この車はおそらく「GRMNヤリス」としてデビューすることになるでしょう。

今回はGRMNヤリスのスパイショットと動画をご覧ください。


GRMNヤリスの最新情報

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Toyota GRMN Yaris Spyshot at Nurburgring
GRMNヤリスと思しきテストカー。

Toyota GRMN Yaris Spyshot at Nurburgring Front
フロントバンパーの両サイドには巨大なカナードが追加されている。

Toyota GRMN Yaris Spyshot at Nurburgring Front three quarter
フロントフェンダー後部には、ホイールハウス内の空気を引き抜くエアベントが追加されている。

Toyota GRMN Yaris Spyshot at Nurburgring Side
床下にもパーツが見えるが、エアロなのか、底打ち具合をテストする緩衝材なのかは不明。

Toyota GRMN Yaris Spyshot at Nurburgring Rear side quarter
リアホイールは空力のために外周部分がカバーされているのだろう。

Toyota GRMN Yaris Spyshot at Nurburgring Rear
リアエンドには計測機器。動画だとエキゾーストノートが異なるので、マフラーは変更されているようだ。

リアエンドの計測機器は、車体のねじれを計測するためのもののようです。

動画

Hardcore 2021 Toyota GRMN Yaris Spied on Nurburgring

ニュルブルクリンクでテスト走行を行うGRMNヤリスらしき車両の動画です。
動画の最初に登場する車両は、ノーマルのGRヤリスだと思われます。再生時間で50秒経過して以降の車両がGRMNヤリスでしょう。
GRMNヤリスは明らかにコーナリング時の安定性が高くなっています。エアロパーツの追加やサスセッティングの変更によるものでしょう。
ただし縁石でかなり跳ねているので、セッティングの煮詰めはまだまだこれからのようです。

目次に戻る

シャシー

Toyota GRMN Yaris Spyshot at Nurburgring Cornering

ニュルブルクリンクを走るテストカーの挙動を見る限り、足回りはかなり硬そうです。
床下にも多くのエアロパーツを装着しているので、ダウンフォースを得るために車高も可能な限り下げてあると考えられます。
後輪のネガティブキャンバーも大きめです。
ニュルブルクリンクでのタイムを追求するために、車体の各部も補強されていることでしょう。

目次に戻る

パワートレイン

Toyota GRMN Yaris Spyshot at Nurburgring

GRヤリスには1.6リッター・直列3気筒ターボが搭載されており、最高出力272ps、最大トルク370Nmを発生しています。
GRMNにも直列3気筒ターボが搭載されることになるでしょうが、おそらくパワーアップされるはずです。300psの大台に乗せてくるかもしれません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath