トーテム・アウトモビリ GTエレクトリック ジュリアGTAをEV化!

チューニングAlfa Romeo Giulia, EV, Restomod

Totem GT Electric

イタリアのトーテム・アウトモビリが、「GTエレクトリック」を発表しました。
1965年型のアルファロメオ ジュリアGTAEV(電気自動車)に改造したレストモッド(レストア+モディファイ)です。

今回は古くて新しいジュリアGTAの概要をご覧ください。


トーテム GTエレクトリックの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Totem GT Electric Front three quarter
トーテム・アウトモビリ GTエレクトリック

Totem GT Electric Front
一見するとジュリアGTAだが、よく見ると全面的に作り直されている。

Totem GT Electric Side
車体のあらゆる所にスピーカーが仕込まれている。

Totem GT Electric Rear three quarter
リアフェンダーの張り出しが大迫力。リアタイヤがツライチなのも良い。

Totem GT Electric Rear
EVなのでエキゾーストは無い。

ボディサイズ

各部寸法(mm)
全長 4,080
全幅 1,760
全高 1,240
ホイールベース 2,401

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Totem GT Electric Interior
GTエレクトリックのインテリア

Totem GT Electric Steering Wheel
ステアリングホイールにはアルファロメオの紋章が彫り込まれている。

Totem GT Electric Shift lever
シフトレバーにもアルファの紋章。作り込みがすごい。

Totem GT Electric Audio
専用開発されたオーディオ。古いラジオのような見た目が良い。

Totem GT Electric Seats
シートはカーボンファイバーにレザーを貼り付けたもの。

Totem GT Electric Door trim
ドアトリムには何もない。上質だがミニマルなのが魅力。

クラシカルなデザインの内装ですが、メーターはデジタル・ディスプレイ化されていますし、キーレスエントリーにも対応しています。
オーディオはGTエレクトリック用に開発された独自のもの。
シートやペダル位置、ステアリングホイールなどは、顧客の体型に合わせて製作されます。

なお、後部座席はバッテリーを搭載するために除去されているので、GTエレクトリックは2シーターです。

目次に戻る

シャシー

元々のシャシーの10%ほどが流用されているだけで、ほとんどが新設計されたものです。
サスペンションはアルミニウム、ボディはカーボンファイバーで作られています。
そのため市販バージョンの車重は1,270kgしかありません。
車体が小さいとはいえ、EVでこの軽さは驚異的です。

ショックアブソーバーはビルシュタイン製で、オプションで電子制御式も選べます。
ブレーキはブレンボ製で、ディスクは前後とも345φという巨大なもの。
タイヤはフロント205/40-17、リアは245/40-17です。

目次に戻る

パワートレイン

Totem GT Electric Powertrain

モーターの最高出力は518ps、最大トルクは980Nmです。パワーはそれほどでもありませんが、トルクは流石EVといえる値ですね。

バッテリー容量は50.4kWhで、航続距離は360kmとアナウンスされていますが、この数値がWLTP基準のものなのかは不明です。

パフォーマンスは、0-100km/hが3.4秒、最高速は245km/hとなっています。

目次に戻る

価格・発売日

GTエレクトリックは100%ハンドメイドということで、価格も発売日も無いようなものでしょう。顧客が望むならばどこまでも作り込めるはずです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath