フェラーリ SF90スパイダー PHEVハイパーカーのコンバーチブル仕様

Ferrariの新車情報PHEV, オープンカー, ハイパーカー

Ferrari SF90 Spider

フェラーリが「SF90スパイダー」を発表しました。
プラグインハイブリッド(PHEV)ハイパーカー「SF90」のコンバーチブル仕様です。

今回はSF90スパイダーの概要をご覧ください。


フェラーリ SF90スパイダーの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Ferrari SF90 Spider Front three quarter
フェラーリ SF90スパイダー

Ferrari SF90 Spider Front
カラースキームこそ独特だが、顔つきはクーペと同じ。

Ferrari SF90 Spider Front top
スパイダーのコクピットは、クーペよりも前方に移動している。Aピラーも薄くなったという。

Ferrari SF90 Spider Air intake
ヘッドレストと比較すると、エアインテークの大きさがよくわかる。

Ferrari SF90 Spider Side
ルーフの高さもクーペ比で20mm低いのだとか。

Ferrari SF90 Spider Roof close
ルーフを閉じた状態だとこんな感じ。

Ferrari SF90 Spider Roof open
ルーフの開閉にはわずか14秒しかかからない。

Ferrari SF90 Spider Rear three quarter
キャビン後方のデザインは、スパイダーの独自色が強い。

Ferrari SF90 Spider Rear
リアスポイラーはアクティブ制御される。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Ferrari SF90 Spider Interior
SF90スパイダーのインテリア

Ferrari SF90 Spider Cockpit
湾曲したデジタルインストゥルメントは16インチ。

Ferrari SF90 Spider Seats
華奢な感じのシートが良い感じだ。

目次に戻る

シャシー

Ferrari SF90 Spider Cornering

ルーフが格納式のハードトップに置き換わったため、車重はクーペ比で+100kgの1,670kg(乾燥重量)となりました。
アルミを多用した格納式ハードトップは、従来式より40kg軽量化されているそうです。

SF90スパイダーのオプションには、Assetto Fioranoパッケージが用意されています。
これにはマルチマチックダンパー、チタン製のスプリングとエキゾースト、カーボン製リアスポイラー、ミシュラン パイロットスポーツカップ2タイヤなどの装備が含まれており、装着することで21kgの軽量化が可能です。

目次に戻る

パワートレイン

Ferrari SF90 Spider Accelaration

ICE(内燃機関)は4.0リッター・V型8気筒ガソリンツインターボで、エンジン単体では780ps・800Nmを発生します。
これに2つのモーターを追加することで、システムの総出力は1,000psとなります。
ちなみにリアアクスルのモーターはバックギアの代わりとしても機能します。

トランスミッションは8速DCT。
0-100km/hはわずか2.5秒、0-200km/hはクーペより0.3秒遅いものの、それでも7秒しかかかりません。
最高速はクーペと同様に340km/hとなっています。

7.9kWhのバッテリーを搭載しているため、最大で25kmのゼロ・エミッション走行(EV走行)も可能です。

目次に戻る

価格・発売日

イタリア本国での価格は473,000ユーロだそうです。
日本円に単純換算すると約5,858万円ですが、日本価格がいくらになるかは不明です。
ちなみSF90ストラダーレの日本価格は5,340万円からとなっています。

欧州での発売は2021年第2四半期(4~6月)、米国での発売は2021年第3四半期(7~9月)です。
日本導入はおそらく米国と同時期ではないでしょうか。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath