シンガー ACS 全地形に対応する964ベースのラリーレーサー!

チューニングオフローダー, シンガー・ビークル・デザイン, レーシングカー

Singer ACS Cornering

アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスに本拠地を構えるシンガー・ビークル・デザインが、964型911をベースにしたオフローダー「ACS」を発表しました。
ACSはAll terrain Competition Study(オールテレーン・コンペティション・スタディ)の略で、あらゆる地形で競争が可能なレーシングカーです。

今回はシンガー ACSの概要をご覧ください。

Related Posts

シンガー ACSの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Singer ACS Front three quarter
シンガー ACS

Singer ACS Front
丸っこくてかわいらしい見た目をしている。

Singer ACS Frunk
フロントにフルサイズのスペアタイヤを搭載。

Singer ACS Bonnet
ボンネット裏もカラーリングされている。

Singer ACS Side
ルーフラインこそ964の面影が残るが、その他は別物と化している。

Singer ACS Door open
開口部を全て開けるとこんな感じ。

Singer ACS Top
上から見た図。クワガタみたいなフロントカナードの存在感がすごい。

Singer ACS Rear three quarter
リアバンパーは単一のアルミビレットから削り出したものだという。

Singer ACS Rear top
リアにもスペアタイヤが搭載されている。

Singer ACS Rear
マフラーはバンパーの中央から2本出し。デパーチャーアングルはかなり大きそうだ。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Singer ACS Entry
シンガー ACSのインテリア

Singer ACS Door pull
軽量化のためドアプルはストラップとなっている。

Singer ACS Cockpit
クリーンなコクピット。964がベースだが、液晶メーターなど装備は先進的だ。

Singer ACS Steering wheel
ステアリングにはパドルシフトやスイッチ類が機能的に配置されている。

Singer ACS Seat
FIA承認のバケットシートを装備している。長いサイドブレーキレバーはラリーカーならではだ。

目次に戻る

シャシー

Singer ACS Drift

オフローダーということで、アンダーボディは5mm厚のアルミ板で保護されています。

Singer ACS Suspension

ロングトラベルダンパーは各車輪に2本ずつ装着されており、5wayの調整が可能です。
ブレーキキャリパーは前後とも4ピストン。
ホイールは鍛造アルミニウム製の16インチ。
タイヤはBFグッドリッチです。

目次に戻る

パワートレイン

Singer ACS Jump

エンジンは3.6リッター・空冷フラット6ガソリンツインターボで、最高出力は456ps、最大トルクは570Nmを発生します。

トランスミッションは5速シーケンシャルで、パドルシフトによる変速が可能です。
3つの機械式ディファレンシャル(前後とセンター)が装着されており、4つの車輪全てを駆動します。

Singer ACS Jump rear

目次に戻る

価格・発売日

Singer ACS
製作された2台のACS。赤い方がターマック用。

このマシンはとある顧客が2台発注し、1台はオフロード用、もう1台はターマック用に設計されています。
価格は不明ですが、シンガーの911は数千万円するのが普通なので、このモデルも同様でしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath