MINIが2021年モデルでマイナーチェンジ

BMWの新車情報オープンカー, ハッチバック

MINI 2021 Facelift

MINIの3ドア、5ドア、コンバーチブルが、マイナーチェンジ(M/C)されました。
内外装のデザインが一部変更された他、アダプティブサスペンションの設定など装備の充実が図られています。

今回は新型MINIの詳細をご覧ください。

Related Posts

MINI 2021年のマイナーチェンジで何が変わった?

エクステリア

M/Cでの変更点を画像と合わせて紹介します。画像はクリック(タップ)すると拡大できます。

MINI 2021 Facelift
新型MINI(2021年モデル)

MINI 2021 Facelift Bumper
フロントバンパーは六角形のグリル内にボディ同色部分が設けられた新デザイン。

MINI 2021 Facelift Cooper S Bumper
クーパーSにはグリル下部の左右に開口部が設けられている。

MINI 2021 Facelift Logo
オプションの「ピアノブラックエクステリア」を選択すると、エンブレムがブラックになる。

MINI 2021 Facelift Headlight
フォグランプは廃止され、ヘッドライトの機能として「悪天候ライト」が追加されている。

MINI 2021 Facelift Side
MINIの特徴であるサイドスカットルには、ウインカーが内蔵された。

MINI 2021 Facelift Wheel
新デザインのホイール。画像のものを含め5種類から選べる。

MINI 2021 Facelift Roof
マルチトーンルーフが選択可能になった。

MINI 2021 Facelift Rear
ユニオンジャック柄のテールランプが標準装備となった。

MINI 2021 Facelift Rear Fog
リアフォグランプも新デザイン。

MINI 2021 Facelift New Body Color
ボディカラーの新色は「アイランドブルー」「ルーフトップグレー」「ゼスティイエロー」の3色。

「悪天候ライト」は、ロービームを調光されたコーナリングライトで補うことで、霧や吹雪などの悪天候時に道路をより良く照らす機能なのだそうです。
また、アダプティブLEDヘッドライトもオプションで用意されています。

目次に戻る

インテリア

M/Cでの変更点を画像と合わせて紹介します。画像はクリック(タップ)すると拡大できます。

MINI 2021 Facelift Interior
新型MINIのコクピット。EVのクーパーSEと同様のデザインになった。

MINI 2021 Facelift Shift lever
コントロールダイヤルがブラック仕上げに変更されている。また、電動パーキングブレーキも選べるようになった。

メーターやインフォテイメントが、EVのクーパーSEと同デザインに変更されました。
メーター液晶のサイズは5インチ、インフォテイメント用のタッチスクリーンは8インチです。

その他の変更点としては、エアベントやダッシュボードの加飾が変更されています。シート表皮のバリエーションも増えたようです。

目次に戻る

シャシー

アダプティブサスペンション(MINIでの名称はフリークエンシー・セレクティブ・ダンピング)が、オプションで装着可能になりました。
また、新型では電動パーキングブレーキも選択できます。

アクティブクルーズコントロールにストップ・アンド・ゴー機能が追加された他、レーンディパーチャーウォーニング(70~210km/hの速度域に対応)が新しくなるなど、運転支援システムも更新されています。

目次に戻る

パワートレイン

グレード名 出力(ps)
One First 75
One 102
Cooper 136
Cooper S 178

目次に戻る

価格・発売日

日本での価格はまだ判明していません。

新型MINIは2021年3月に発売されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath