スバル アウトバック・ウィルダネス 堅牢な本格オフローダー

スバルの新車情報AWD, オフローダー, ステーションワゴン

Subaru Outback Wilderness

スバルアウトバック・ウィルダネスを発表しました。
アウトバックをより堅牢なオフロード仕様にカスタムしたモデルです。

今回はアウトバック・ウィルダネスの概要をご覧ください。

Related Posts

アウトバック・ウィルダネスの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Subaru Outback Wilderness
スバル アウトバック・ウィルダネス

Subaru Outback Wilderness Front
フロントバンパーは専用品に変更されている。

Subaru Outback Wilderness Grill
グリルも標準車とは異なる。ボンネットにはアンチグレアデカール。

Subaru Outback Wilderness Side
車高は20mmアップされ、走破性が向上している。

Subaru Outback Wilderness Wheel
タイヤはヨコハマ・ジオランダー。ホイールアーチのクラッディングは専用品だ。

Subaru Outback Wilderness Mirror
サイドミラー下にはウィルダネスのオーナメント。

Subaru Outback Wilderness Roof
317.5kgの静的荷重に耐えるルーフレール。ルーフテントなども装着可能だ。

Subaru Outback Wilderness Side step
サイドステップも専用品に変更されている。

Subaru Outback Wilderness Rear
リアバンパーも専用品。

Subaru Outback Wilderness Taillight
テールゲートにもウィルダネスのオーナメント。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 4,860
全幅(mm) 1,895
全高(mm) 1,700
ホイールベース(mm) 2,745

数値は米国仕様のものです。
米国仕様のベースモデルと比較すると、全幅が約40mmワイドになり、全高は約20mm引き上げられています。
アプローチアングルは20°、デパーチャーアングルは23.6°、ランプブレークオーバーアングルは21.2°が確保されています。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Subaru Outback Wilderness Interior
アウトバック・ウィルダネスのインテリア

Subaru Outback Wilderness Steering Wheel
アルマイト仕上げのコッパーがあしらわれたステアリング。

Subaru Outback Wilderness Infotainment
STARLINKと呼ばれるインフォテイメントを搭載。ディスプレイは11.6インチ。

Subaru Outback Wilderness Shift lever
セレクターレバーにもコッパーのアクセント。

Subaru Outback Wilderness Seats
シートはStarTexと呼ばれる撥水素材で作られている。

Subaru Outback Wilderness Headrest
ヘッドレストにはウィルダネスのロゴがエンボス加工されている。

Subaru Outback Wilderness Floor mat
フロアマットにもウィルダネスのロゴ。

Subaru Outback Wilderness Tailgate light
テールゲートにはLEDが埋め込まれている。

Subaru Outback Wilderness Spare Tire
スペアタイヤも搭載されている。

目次に戻る

パワートレイン

Subaru Outback Wilderness Engine

アウトバック・ウィルダネスには、2.4リッター・水平対向4気筒ガソリンターボが搭載されています。
最高出力は264ps、最大トルクは375Nmです。
トランスミッションはリニアトロニックCVT、駆動方式はトルクベクタリング付きのAWD(全輪駆動)となっています。

また、ファイナルギア比が4.11:1から4.44:1に変更されたことで、砂利道で最大40%の勾配を登れるようになりました。
牽引能力は1,587kgです。

目次に戻る

価格・発売日

Subaru Outback Wilderness

価格はまだ公表されていません。
スバルは2021年後半に価格を発表するとしています。

アウトバック・ウィルダネスは、モデルイヤー2022として登場するそうです。
よって2021年下半期から2022年上半期の間に発売されることになるでしょう。
日本に導入されるかは不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath