トヨタ GR86 入門FRスポーツにもう一つの選択肢

トヨタの新車情報スポーツカー

Toyota GR86

トヨタが「GR 86」を発表しました。
昨年発表されたスバル BRZの姉妹車ですが、顔つきが異なっています。

先代のトヨタ 86の海外名は「GT 86」でしたが、今回のフルモデルチェンジを機に海外名もGR 86に統一されました。
中身もスポーツ・サブブランドであるGRの名を冠するにふさわしい内容となっています。

今回はGR 86の概要をご覧ください。

Related Posts

GR 86の概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Toyota GR86 Front three quarter
トヨタ GR 86

Toyota GR86 Front
BRZよりもシンプルなデザイン。

Toyota GR86 and Subaru BRZ
DRLやバンパーのデザインが異なる。GR 86はよりワイド&ローな印象だ。

Toyota GR86 Grill
ファンクショナルマトリックスグリル。冷却性能を向上させている。

Toyota GR86 Side
車体側面のデザインはBRZと同一だ。

Toyota GR86 Wheel
ホイールは18インチ。

Toyota GR86 Top
軽量化のためルーフはアルミ製。

Toyota GR86 Rear three quarter
リア周りもBRZと同じデザイン。

Toyota GR86 Rear
デュアルエキゾーストは迫力十分だ。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 4,265
全幅(mm) 1,775
全高(mm) 1,310
ホイールベース(mm) 2,575
車重(kg) 1,270

ボディサイズや車重は先代86とほぼ同じです。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Toyota GR86 Interior
GR 86のインテリア

Toyota GR86 Shift lever
もちろん6MTも用意されている。

Toyota GR86 Seats
サポートの良さそうなシート。画像はブラック/シルバーのカラースキームだ。

目次に戻る

シャシー

軽量化のために、ルーフやフェンダーなどはアルミで作られています。
それらは水平対向エンジンと相まって、重心の低さにも貢献しているようです。

車重を抑えつつも、ねじり剛性は50%もアップしています。
サスペンションはフロントがマクファーソン・ストラット、リアはダブルウィッシュボーンです。
ダンパーの銘柄は不明ですが、先代のようにザックス製のものが用意されるかもしれません。
ブレーキも同様に、ブレンボ製ユニットが用意される可能性があります。

最も大きく変わったのはタイヤでしょう。
先代はエコタイヤを履いていましたが、GR 86はミシュラン パイロットスポーツ4Sを装着しています。
タイヤ幅こそ215で先代と同一ですが、偏平率は45から40に低下しました。

目次に戻る

パワートレイン

Toyota GR86 Engine

エンジンは2.4リッター・水平対向4気筒ガソリン自然吸気です。
最高出力は235ps、最大トルクは250Nmを発生します。
最高出力の発生回転数は7,000rpm、最大トルクの発生回転数は3,700rpm、レブリミットは7,400rpmです。

車重を維持したままパワーアップしたことで、0-100km/h加速は先代86から1.1秒も短縮され、6.3秒となりました。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。

日本での発売は2021年秋頃の予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath