C3コルベットのボディにC6のシャシーを合体!?

チューニングRestomod, スポーツカー

Corvette C3 C6 Hybrid Restomod

画像のモデルは一見するとシボレー コルベットのC3型(1967~1982年製造)に見えますが、シャシーとエンジンはC6型(2004~2013年製造)のものを利用しています。
つまりC6のシャシーに、C3のボディを被せてあるのです。

今回はこの奇妙なC3 / C6コルベットの概要をご覧ください。

Related Posts

C3 / C6コルベットの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Corvette C3 C6 Hybrid Restomod Front
C3のボディとC6のシャシーを合体させたハイブリッド・レストモッド。

Corvette C3 C6 Hybrid Restomod Side
このフォルムはいつ見てもかっこいい。サイドベントの水色アクセントがおしゃれ。

Corvette C3 C6 Hybrid Restomod Rear Side
タイヤには「CORVETTE STINGRAY」のサイドレター。

Corvette C3 C6 Hybrid Restomod Rear three quarter
ナルドグレーのボディカラーに水色のスティングレー・ストライプがよく似合う。

Corvette C3 C6 Hybrid Restomod Rear
エキゾーストはステンレス製のものに交換してあるようだ。

目次に戻る

パワートレイン

Corvette C3 C6 Hybrid Restomod Chassis

エンジンはC6コルベットに搭載されていたLS3(6.2リッター・V型8気筒ガソリン自然吸気)です。
ノーマルのLS3は最高出力436ps、最大トルク575Nmでしたが、新しいステンレス製のエキマニとマフラーが装着されているため、パワー・トルク共にわずかながら向上しているかもしれません。
トラクションコントロールやABSも搭載されています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath