BMW iM2 M部門50周年記念車は1360馬力のEV!?

BMWの新車情報EV, スポーツカー

BMW M2 CS 2020
BMW M2 CS(2020年モデル)

BMWがM部門の50周年記念車として、「iM2」というEV(電気自動車)を開発しているそうです。
しかもiM2のパワーは1メガワット(1,360ps)に及ぶと見られています。

今回はBMW iM2の最新情報をご覧ください。

Related Posts

BMW iM2の最新情報

BMW M2 CS 2020
BMW M2 CS(2020年モデル)

iM2は4つの電気モーターを搭載するそうです。なのでおそらくAWD(全輪駆動)でしょう。
また、非常に高度なトルクベクタリングを備えているそうです。

最高出力は1メガワット、つまり1,360psとなります。
事実ならばケーニグセグ等のハイパーカーと同等の出力を有することになるわけです。

BMW M2 CS 2020
BMW M2 CS(2020年モデル)

iM2のパフォーマンスは、0-100km/hが2.5秒以下、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェを7分未満のタイムでラップできると言われています。
同地におけるフェラーリ 488ピスタのタイムが7分00秒03ですから、iM2はV8フェラーリのスペチアーレよりも速いわけです。

これだけハイパフォーマンスなEVとなると、気になるのはバッテリーの持ちです。
BMWによるとiM2には「これまでに考案された中で最も先鋭的なバッテリー技術」が搭載される他、カーボンファイバー製のボディパネルや軽量ガラス、中空スポークのマグネシウムホイール、リアシート除去などによる軽量化が施され、航続距離の延長に貢献しています。
コンパクトなM2がベースモデルに選ばれたのも軽量化のためでしょう。

BMW M2 CS 2020
BMW M2 CS(2020年モデル)

iM2はまだ承認されたプログラムではないそうですが、限定モデルとして販売される可能性があります。
iM2のコンポーネントを搭載していると思われるテストカーが既に路上で目撃されているので、登場する確率はかなり高そうです。
BMW M部門は、2022年に50周年を迎えます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath