BMW 新型X1(第3世代) 力強さを増したコンパクトSUV

2021年4月25日BMWの新車情報EV, PHEV, SUV

BMW X1 Spyshot Front

BMW新型X1を開発しています。
現行型のX1(F48)は2代目で、2015年にデビューしたモデルです。今年の7月で丸6年が経過することになりますから、そろそろフルモデルチェンジしなければなりません。

今回は新型X1のスパイショットと最新情報をご覧ください。

更新情報

スパイショットインテリアの項目を更新しました。(2021/09/02)

スパイショットを更新しました。(2021/08/07)

スパイビデオを追加しました。(2021/05/30)

Related Posts

新型X1の最新情報

エクステリア

スパイショット

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

BMW X1 Spyshot Front
BMW 新型X1。キドニーグリルは巨大だが、4シリーズのような縦長タイプではない。

BMW X1 Spyshot Front three quarter
ヘッドライトはサイドまで深く切れ込むデザイン。

BMW X1 Spyshot Side
ルーフラインはやや尻下がり。ウエストラインは尻上がりなので、後方に行くに従ってウィンドウの幅が狭くなる。

BMW X1 Spyshot Rear three quarter
テールゲートガラスの上下幅も狭い。テールライトは市販バージョンだろうか。

BMW X1 Spyshot Rear
マフラーのタイコは見えるが、マフラーエンドは隠されている。
画像の出典: carscoops.com

スパイビデオ

2022 BMW X1 prototype spied testing at the Nürburgring

目次に戻る

インテリア

BMW X1 Spyshot Cockpit
新型X1のコクピット

BMW X1 Spyshot Dashboard
メーターとインフォテイメント用ディスプレイが統合されている。メルセデスと違うのは湾曲している点。
画像の出典: carscoops.com

デジタルコクピット化され、メルセデスのMBUX風にメーターとインフォテイメント用ディスプレイが統合されました。ただしディスプレイは湾曲タイプで、ドライバー中心のデザインになっています。
また、ボディサイズがやや拡大されているため、室内の広さも少し拡大されていることでしょう。

目次に戻る

シャシー

2代目のF48が使用していたUKLプラットフォームを、大幅に改良したものが採用される見通しです。
ただしFAARプラットフォームが採用されるとの情報もあります。

目次に戻る

パワートレイン

ガソリン車は1.5リッターの3気筒と2.0リッターの4気筒が用意される予定です。
ディーゼルもおそらくラインナップされると考えられています。
すべてのICE(内燃機関)搭載車にはマイルドハイブリッドが搭載されることになるでしょう。

PHEV(プラグインハイブリッド)には、1.5リッターガソリンエンジンが搭載されます。
バッテリー容量や電気モーターの出力は不明ですが、ゼロ・エミッション走行距離(EV航続距離)は現行型の57kmを上回るものになるでしょう。

EV版は「iX1」と呼ばれる可能性が高いです。
iX1には、iX3のシングルモーター・後輪駆動パワートレイン(286ps, 400Nm)が流用される可能性があります。ただしバッテリー容量の減少など、何らかの形でコストダウンされることになるはずです。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。

新型X1は2022年に登場予定です。
EV仕様のiX1は2023年に登場すると言われています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath