BMW 新型X1(第3世代) 力強さを増したコンパクトSUV

2021年4月25日BMWの新車情報EV, PHEV, SUV

BMW X1 3rd Gen Spyshot

BMW新型X1を開発しています。
現行型のX1(F48)は2代目で、2015年にデビューしたモデルです。今年の7月で丸6年が経過することになりますから、そろそろフルモデルチェンジしなければなりません。

今回は新型X1のスパイショットと最新情報をご覧ください。

更新情報

スパイビデオを追加しました。(2021/05/30)

Related Posts

新型X1の最新情報

エクステリア

スパイショット

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

BMW X1 3rd Gen Spyshot Front
ニュルブルクリンクでテストする新型X1の開発車両。

BMW X1 3rd Gen Spyshot Front three quarter
2代目よりも角張った感じのデザイン。グリルは横長に見えるが……

BMW X1 3rd Gen Spyshot Side
ホイールアーチモールは暫定仕様のようだ。ホイールのサイズが際立っている。

BMW X1 3rd Gen Spyshot Rear
リア周りのディテールは判別不可。わかるのはリアウィンドウが小さいことくらいか。

スパイビデオ

2022 BMW X1 prototype spied testing at the Nürburgring

目次に戻る

インテリア

BMW X1 2022 Spyshot Interior
内装のスパイショットはこれだけ。

デジタルコクピット化され、液晶メーターが装着されます。
また、ボディサイズがやや拡大されているため、室内の広さも少し拡がっていると考えられます。

目次に戻る

シャシー

2代目のF48はUKLプラットフォームを採用していましたが、新型(3代目)にはFAARプラットフォームが採用される見込みです。
FAARプラットフォームは、現行の1シリーズや2シリーズも使用しています。
また、FAARはEV化に対応しているので、EV仕様である「iX1」の登場が確実視されています。

目次に戻る

パワートレイン

ガソリン車は1.5リッターの3気筒と2.0リッターの4気筒が用意される予定です。
ディーゼルもおそらくラインナップされると考えられています。
すべてのICE(内燃機関)搭載車にはマイルドハイブリッドが搭載されることになるでしょう。

PHEV(プラグインハイブリッド)には、1.5リッターガソリンエンジンが搭載されます。
バッテリー容量や電気モーターの出力は不明ですが、ゼロ・エミッション走行距離(EV航続距離)は現行型の57kmを上回るものになるでしょう。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。

新型X1は2022年に登場予定です。
EV仕様のiX1は2023年に登場すると言われています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath