テオン・デザイン HK002 クラシカルな魅力とモダンな快適性

チューニングRestomod, スポーツカー

Theon Design HK002

イギリスに拠点を置くテオン・デザインが、HK002というポルシェ 911のレストモッド(レストア+モディファイ)を公開しました。
クラシカルなデザインを忠実に守りながらも、快適性とドライバビリティを大幅に向上させたモデルとなっています。

テオン・デザインは、自動車デザイナーのアダム・ホーリー氏が2016年に設立した会社で、ディテールの作り込みに何よりもこだわっているのだとか。
その目指すところはクラシックでアナログなドライブ体験ですが、デジタルテクノロジーを使用し、最高の精度で製作しているところに同社のユニークさがあります。

今回はテオン・デザイン HK002の概要をご覧ください。

Related Posts

テオン・デザイン HK002の概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Theon Design HK002
テオン・デザイン HK002

Theon Design HK002 Front
ベースは964だが、顔つきはナローボディの911風に改められている。

Theon Design HK002 Front three quarter
ボンネットも細長いデザインに修正。それによりスリークな印象になった。

Theon Design HK002 Side
KW製コイルオーバーダンパーは調整式。

Theon Design HK002 Side mirror
ミラーはホイールと同じく、鍛造ビレットアルミの削り出し。

Theon Design HK002 Rear three quarter
ワイドなフェンダーが大迫力だ。

Theon Design HK002 Rear spoiler
リアスポイラーはカーボンファイバー製。どうやら迎え角を調整できるようだ。

Theon Design HK002 Rear bumper
ナンバープレートホルダーの場所にテオン・デザインのロゴが。見えない部分にもこだわっている。

Theon Design HK002 Rear
クアッドテールパイプが静かに輝きを放つ。

テオン・デザインではカーボンファイバー製のボディワークも提供していますが、HK002はオーナーの希望により、ボディのほとんどがスチールパネルで製作され、カーボンはバンパーやリアウイングなど一部に限られています。
それでも車重は1,248kgと比較的軽量です。

ベースシャシーは964ですが、顔つきはナローボディ風、ボンネットもナローボディ風の細長いデザインに変更されています。
一方、フェンダーはGシリーズ以降のワイドなデザインです。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Theon Design HK002 Interior
テオン・デザイン HK002のインテリア

Theon Design HK002 Rear seats
リアシートもきっちり作り込まれている。後席用シートベルトも装備。

Theon Design HK002 Luggage
フロントのトランクはちょっと浅めだが、手荷物くらいなら積めそう。タワーバーもおしゃれ。

グリーンのセミアニリンレザーで覆われた車内には、対照的なイエローのアクセントが施されています。
ステアリングはナルディ製、シートはレカロ製です。
スマホ用のワイヤレス充電器も装備されています。

目次に戻る

パワートレイン

Theon Design HK002 Engine

エンジンは3.8リッター・水平対向6気筒ガソリン自然吸気で、最高出力は376ps、最大トルクは407Nmを発生します。
ちなみにエンジンの内部パーツはほぼ全て変更されており、ストック状態とは別物です。

トランスミッションは993の6速MTを搭載しています。

目次に戻る

価格・発売日

Theon Design HK002

価格は30万ポンド(約4,494万円)からとなっていますが、この金額にはドナーカー(964)の価格や税金は含まれていません。

製造には発注から18ヶ月かかるそうで、ターボエンジンやカーボンファイバーボディなどを選ぶこともできます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath