新型シビックセダンがついに完全公開!

ホンダの新車情報Honda Civic (11th-Gen), セダン

Honda Civic Sedan 11th Gen

ホンダが11代目となる新型シビックを完全公開しました。
プロトタイプ発表時には公開されなかったインテリアの画像や、パワートレインなどの詳細が明らかになっています。

今回は新しくなったシビックセダンの概要をご覧ください。

Related Posts

新型シビックセダンの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Honda Civic Sedan 11th Gen Front three quarter
新型シビックセダン。グレードは1.5リッターターボを搭載する「Touring」

Honda Civic Sedan 11th Gen Side
Aピラーの位置を50mm後方に移動し、ボンネットを長く見せているという。

Honda Civic Sedan 11th Gen Rear three quarter
リアは尻上がりに見えるデザイン。画像の車両は2リッターNAの「Sport」グレード。

Honda Civic Sedan 11th Gen Wheel
「Sport」のホイールは18インチ。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 4,674
全幅(mm) 1,800
全高(mm) 1,415
ホイールベース(mm) 2,735
車重(kg) 1,305 ~ 1,395

数値は米国仕様のものです。
車体のサイズはかなり大きくなりましたが、車重は比較的軽量に抑えられています。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Honda Civic Sedan 11th Gen Interior
新型シビックセダンのインテリア

Honda Civic Sedan 11th Gen Dashboard
どことなくクラシカルな印象のあるダッシュボードデザイン。ダイヤルなどの配置はマツダ車っぽい。

Honda Civic Sedan 11th Gen Touch Screen
タッチスクリーンは7インチが標準。オプションで9インチも利用可能。

Honda Civic Sedan 11th Gen Instrument
液晶メーターは10.2インチ。

Honda Civic Sedan 11th Gen Seats
シートはサポートの張り出しが控えめで、乗降性に配慮したデザイン。

目次に戻る

シャシー

Honda Civic Sedan 11th Gen Rear three quarter

ボディは先代と比較して、ねじり剛性が8%向上、曲げ剛性は13%も向上しています。
ホンダによると、シビック史上最も高剛性なボディだそうです。

フロントのサブフレームは軽量なアルミ製で、効率的なトラス&リブ構造により、剛性と安定性が確保されています。
フロントサスペンションはマクファーソンストラット式。低摩擦のボールジョイントとダンパーマウントベアリングを新採用し、ステアリングフィールとセルフセンタリングを向上させています。
また、スプリングとダンパーのアライメントも最適化し、作動摩擦を最小化しているそうです。

リアはトレッド幅を先代比で12.7mmワイド化。
さらに大型のコンプライアンスブッシュを採用し、ハーシュネスを最小限に抑えています。
ロアアームのブッシュは車内の騒音や振動を減らしつつ、直進安定性や旋回性を向上させる新設計のものだそうです。

電子制御式パワーステアリングも新設計。フィードバックを向上し、直進安定性も改善されています。

これら改良により、コーナリング時のヨー発生の遅れを低減し、ハンドリングレスポンスとシンクロ感が向上しました。
それでいて踏切を通過する際などの大きな衝撃は、20%も低減しています。

目次に戻る

パワートレイン

Honda Civic Sedan 11th Gen

エンジンは2.0リッター・直列4気筒ガソリン自然吸気と、1.5リッター・直列4気筒ガソリンターボの2種類です。
前者は160ps・187Nm、後者は182ps・240Nmとなっています。
EPA複合燃費はグレードによって違いがありますが、2リッターNAが14~14.9km/L、1.5リッターターボは14.5~15.3km/Lと大差はありません。

トランスミッションはCVTですが、物理的な変速をシミュレートするためのシフトプログラムが改良された、新しいステップシフトプログラムが採用されています。

目次に戻る

運転支援システム

Honda Civic Sedan 11th Gen

ホンダセンシングはシングルカメラシステムに改められましたが、従来よりも広い視野を確保しているそうです。
プロセッサとソフトウェアの進化により、歩行者や自転車、車両、道路標識などを正確かつ迅速に検知・認識できるようになっています。

トラフィックジャムアシストが追加され、アダプティブクルーズコントロール使用時のレスポンスやブレーキ操作の自然さが向上しました。
レーンキーピングアシスト使用時のステアリング操作に関しても、よりリニアで自然なものに改善されています。

また、前方および後方への誤発進抑制機能や、低速域でのブレーキコントロール機能も新採用されています。

目次に戻る

価格・発売日

Honda Civic Sedan 11th Gen

価格はまだ公表されていませんが、先代モデルよりも少し高くなると見られています。

米国では2021年夏に発売されますが、日本導入時期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath