VW ティグアン・オールスペースがマイナーチェンジ

VWの新車情報7人乗り, SUV

VW Tiguan Allspace 2022

フォルクスワーゲン(VW)ティグアン・オールスペースのマイナーチェンジモデルを発表しました。
オールスペースは2017年に追加されたモデルで、ティグアンのロングホイールベース仕様です。オプションで7人乗りが選択できます。

今回は新型ティグアン・オールスペースの概要をご覧ください。

Related Posts

新型ティグアン・オールスペース(MY2022)の概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

VW Tiguan Allspace 2022 Front
新型ティグアン・オールスペース

VW Tiguan Allspace 2022 Headlight
LEDマトリックスヘッドライトの「IQ.LIGHT」が装着できるようになった。

VW Tiguan Allspace 2022 Front three quarter
フロント周りが再設計され、全長は4,723mm(+22mm)となった。

VW Tiguan Allspace 2022 Side
クロームメッキ加飾が各所に配されている。

VW Tiguan Allspace 2022 Side Rear
ホイールは19~20インチ。

VW Tiguan Allspace 2022 Rear three quarter
テールランプのLEDデザインも変更された。

VW Tiguan Allspace 2022 Rear
クロームメッキされたマフラーフィニッシャーは、クアッドテールパイプ風のデザインとなった。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

VW Tiguan Allspace 2022 Interior
新型ティグアン・オールスペースのインテリア

VW Tiguan Allspace 2022 Cockpit
ステアリングが新デザインになった。エアコン操作パネルにあったダイヤルは廃止。

VW Tiguan Allspace 2022 Rear seats
オプションで3列目のシートを追加できるが、広くはなさそうだ。

VW Tiguan Allspace 2022 Luggage
ラゲッジスペース容量は最大1,920リッター(7人乗りは1,755リッター)

インフォテイメントが更新されました。
MIB3と呼ばれる新しいシステムには、eSIMが統合されたオンライン接続ユニットが搭載されており、ユーザーはWe Connectというオンラインサービスを利用可能です。
自然な音声認識やストリーミングサービス、クラウドベースのパーソナライズなどを利用できます。
Apple CarPlayやAndroid Autoにも対応しています。

サウンドシステムはハーマンカードンと共同開発したもので、出力は合計480Wです。

ラゲッジスペース容量は760~1,920リッター。
7人乗りモデルは700~1,755リッターとなっています。

目次に戻る

パワートレイン

VW Tiguan Allspace 2022

ガソリン車のTSIは、1.5リッターが150ps、2.0リッターが190psと245psの計3種類です。
ディーゼル車のTDIは2.0リッターのみで、150psと200psの2種類となっています。
なお、ショートホイールベースのティグアンに設定されている「R」バージョン(320ps)は、オールスペースには設定されない見込みです。

目次に戻る

運転支援システム

VW Tiguan Allspace 2022

DCT搭載モデルは、0km/hから210km/hまでの速度域でレベル2自動運転「IQ.DRIVEトラベルアシスト」を利用できます。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。

新型ティグアン・オールスペースは、欧米では2021年秋に発売される予定です。つまりモデルイヤー2022(MY2022, 2021年下半期~2022年上半期生産モデルのこと)として市場に投入されます。
日本に導入される可能性は低いかもしれません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath