エストレーマ フルミニア 全固体電池搭載のハイパーEVは2000馬力オーバー!

他メーカーの新車情報EV, スポーツカー, ハイパーカー

Estrema Fulminea

イタリアのエストレーマ(Estrema)というEVベンチャーが、「フルミニア(Fulminea)」というハイパーカーのプロトタイプを発表しました。
全固体電池を搭載しており、最高出力は2,040psというとんでもない代物です。

今回はエストレーマ フルミニアの概要をご覧ください。

Related Posts

エストレーマ フルミニアの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Estrema Fulminea Front three quarter
エストレーマ フルミニア

Estrema Fulminea Front
レーシングカー的なデザインだ。

Estrema Fulminea Headlight
特徴的なLEDデザイン。

Estrema Fulminea Wheel
O・Zのホイールには空力を改善するホイールカバーが装着されている。

Estrema Fulminea Rear Fender
インテークはバッテリー冷却用だろうか。リアフェンダー周りはちょっとクラシカルな印象だ。

Estrema Fulminea Top
キャビン後方は思い切り絞り込まれている。

Estrema Fulminea Rear Three Quarter
空力パーツが数多く装着されているため、ちょっとゴチャゴチャした印象のリア周り。

Estrema Fulminea Rear Top
リアウイングは可動式で、ポップアップする。

Estrema Fulminea Taillight
テールランプはハヤブサをイメージしたものなのだとか。

目次に戻る

パワートレイン

エストレーマによると、フルミニアに搭載されている全固体電池のエネルギー密度は500Wh / kgなのだそうです。
バッテリー容量は100kWhという大容量ですが、重量は300kgしかありません。
ちなみにテスラの100kWhバッテリーは625kgあるそうなので、同じ容量で半分以下ということになります。
これによりフルミニアの車重は1,500kgに抑えられています。

モーターは4つ搭載されており、最高出力は2,040ps
つまりパワーウエイトレシオは約0.74です。
そのためフルミニアの0-100km/hは約2.0秒、0-320km/hでも10秒未満で加速できます。

850Vのアーキテクチャを採用しているので、急速充電を用いれば、約15分でバッテリー残量10%から80%までチャージできるそうです。
また、ウルトラキャパシタを利用した回生システムも開発中だと話しています。
航続距離はWLTP基準で520kmです。

目次に戻る

価格・発売日

価格は1,961,000ユーロです。
記事執筆時点のレートで日本円に単純換算すると、約2.6億円となります。

デリバリーの開始は2023年第4四半期を予定しているそうです。
生産台数は最大61台に限定されています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath