アバルト 1000 SP 伝説のレーシングカーがロードカーとして復活!

他メーカーの新車情報スポーツカー, ライトウェイトスポーツカー

Abarth 1000 SP One Off

アバルトが「1000 SP」を公開しました。

1000 SPという名は、1966年のニュルブルクリンク500kmレースを制したスポーツプロトタイプに使われていた車名です。
今回の1000 SPはそのスポーツプロトタイプのオマージュですが、レーシングカーではなくワンオフのロードカーとなっています。

今回は生まれ変わった1000 SPの概要をご覧ください。

Related Posts

アバルト 1000 SPの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Abarth 1000 SP and 1000 SP One Off Front
アバルト 1000 SP。左は伝説を築いたスポーツプロトタイプだ。

Abarth 1000 SP One Off Front
ヘッドライトやボンネット上のスリット、そして前面のインテークまで再現されている。

Abarth 1000 SP and 1000 SP One Off Side
スポーツプロトタイプのコンパクトさが際立つ。

Abarth 1000 SP One Off Side
前後フェンダーは60年代風に丸みを帯びた形状。

Abarth 1000 SP and 1000 SP One Off Rear
リアエンドもスポーツプロトタイプに似せてある。

Abarth 1000 SP One Off Rear
後付風のロールバーは、ロールバー無しのスパイダーが存在することを表現しているのだとか。

元祖1000 SPは、全長3,445mm、ホイールベース2,200mmという超コンパクトサイズのレーシングカーでした。
一方、新しい1000 SPは、おそらくアルファロメオ 4Cがベースであるため、全長は4mほど、ホイールベースは2,380mm前後だと考えられます。

目次に戻る

シャシー

かつての1000 SPはチューブラーフレームでしたが、復活した1000 SPは、アルファロメオ 4Cと同じくカーボンモノコックが採用されています。
4Cのカーボンモノコックは単体重量65kgしかないので、1000 SPの車重(未公表)も相当軽いはずです。

サブフレームはアルミニウム製。
サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン、リアがストラットです。

目次に戻る

パワートレイン

アバルトは技術面の詳細を公表していませんが、エンジンは1,742ccで、240psだとされています。
搭載されているのはおそらくアルファロメオ 4Cの直列4気筒ターボでしょう。

目次に戻る

価格・発売日

1000 SPはワンオフで製作されたため、市販される可能性はかなり低いでしょう。
アバルトはヴィンテージカーのイベントなどで1000 SPを披露していく計画のようです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath