キメラ EVO37 伝説のランチア ラリー037が最新テクノロジーで復活!

他メーカーの新車情報スポーツカー

Kimera EVO37
キメラ EVO37

イタリアのキメラ アウトモビリが、伝説のグループBラリーカー「ランチア ラリー037」を現代に蘇らせました。
その名も「キメラ EVO37」です。
オリジナル037のコンポーネントは使われていませんが、最新のマテリアルで往年の名車が再現されています。

今回はキメラ EVO37の概要をご覧ください。

Related Posts

キメラ EVO37の概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Kimera EVO37 Front three quarter
オリジナルのランチア ラリー037の雰囲気が再現されている。

Kimera EVO37 Front
LEDヘッドライトが装着されている。

Kimera EVO37 Top front
ボンネットのダクトやバルジも、オリジナルのデザインに似せてある。

Kimera EVO37 Side
EVO37のボディサイズは未公表だが、オリジナル(全長約3.9m)と同様にコンパクトな印象だ。

Kimera EVO37 Side by Side
オリジナル(左)との比較。EVO37はボンネットが高い。

Kimera EVO37 Top
縦置きされたエンジンが見える。給油口が両サイドにあるのが面白い。

Kimera EVO37 Rear three quarter top
リアスクリーン周りのデザインはオリジナルと大きく異なっている。

Kimera EVO37 Rear three quarter
このリアスポイラーの存在感!

Kimera EVO37 Rear
テールライトなどリア周りはラリーカーをオマージュしたものとなっている。

目次に戻る

シャシー

ボディワークがカーボンファイバー製なため、車重は1,000kg前後に抑えられています。

Kimera EVO37 Chassis

チューブスチール製のモノコックに、鋼管サブフレームを取り付けたシャシーとなっています。
サスペンションアームは鍛造のダブルウィッシュボーン。ショックアブソーバーはオーリンズで、リアはオリジナルの037と同様にツインショックです。

Kimera EVO37 Chassis Front

ブレーキはブレンボ。
タイヤはピレリを履いています。
ホイールは前後異径で、フロントは18インチ、リアは19インチです。

目次に戻る

パワートレイン

Kimera EVO37 Engine

エンジンは新設計された2.1リッター・直列4気筒で、ターボとスーパーチャージャーで過給されています。
2.1リッターという中途半端な排気量は、かつてWRCに参戦していたラリー037 Evo2と同じです。
過給システムはデルタS4のようなツインチャージャー仕様ですが、EVO37は電動スーパーチャージャーを採用しています。
最高出力は500ps以上、最大トルクは550Nm以上です。

トランスミッションは6速マニュアルか6速シーケンシャル。
駆動方式は後輪駆動です。

目次に戻る

価格・発売日

Kimera EVO37

価格は480,000ユーロ(約6,383万円)で、37台の限定生産です。

キメラ EVO37は、2021年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで一般公開され、9月からデリバリーが開始されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath