BMW 新型7シリーズ(G70) 新アーキテクチャ採用であらゆるパワートレインに対応

BMWの新車情報セダン, ラグジュアリー

BMW G70 7 Series Spyshot Front three quarter

BMW新型7シリーズを開発しています。
G70型7シリーズは、複数のパワートレインに対応した新アーキテクチャが採用されるようです。

今回は新型7シリーズの最新情報とスパイショットをご覧ください。

Related Posts

BMW 新型7シリーズ(G70)の最新情報

エクステリア

スパイショット

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

BMW G70 7 Series Spyshot Front
新型7シリーズのテストカー

BMW G70 7 Series Spyshot Front three quarter
ヘッドライト位置が低いのが最大の変化。キドニーグリルはさらに大型化されそうだ。

BMW G70 7 Series Spyshot Side
ボンネットが長い古典的なFRセダンのプロポーション。ルーフラインはほぼ真っすぐで、クラシカルな印象が漂う。

BMW G70 7 Series Spyshot Rear three quarter
トランクリッドがかなり角ばっているが、ダミーかもしれない。

BMW G70 7 Series Spyshot Rear
テールランプは暫定仕様。マフラーフィニッシャーが興味深いが、最終仕様かどうかは不明。

ボディサイズは現行型(全長5,125mm x 全幅1,900mm x 全高1,480mm)とほぼ同等だと言われています。

目次に戻る

シャシー

これまで使われてきたCLAR(Cluster Architecture)から、新しいアーキテクチャに切り替わります。
新アーキテクチャはICE(内燃機関)だけでなく、PHEVやEVにも対応しています。
EV版7シリーズはi7として登場することになるでしょう。

目次に戻る

パワートレイン

ガソリン車やディーゼル車には48Vマイルドハイブリッドが装着されます。
エンジンラインナップの大部分は直6ターボで、V8は最上級グレードのみとなるでしょう。
V12は搭載されない見通しです。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。
現行7シリーズは1,110~2,650万円で販売されています。

新型7シリーズは2022年に登場予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath