VW タイゴ コンパクトボディに半自動運転を搭載したクーペSUV

VWの新車情報クーペsuv

VW Taigo

フォルクスワーゲン(VW)が、コンパクトなクーペSUV「タイゴ(Taigo)」を発表しました。
全長は4.3m弱ということで、マツダ CX-3に近いサイズです。

今回はVW タイゴの概要をご覧ください。

Related Posts

VW タイゴの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

VW Taigo Front three quarter
VW タイゴ。画像はR-Line。

VW Taigo Headlight
ヘッドライトの下にLEDフォグランプを装備している。

VW Taigo Front
顔つきはベースとなった南米専用モデル「Nivus」と同じだが、バンパーがリフレッシュされている。

VW Taigo Side
低く構えたプロポーションがスポーティな印象。

VW Taigo Tailgate
テールゲートはクーペ風に処理されている。

VW Taigo Rear three quarter
テールゲートガラスの下端はかなり高い位置にあり、リアエンドは尻上がりなデザインとなっている。

VW Taigo Rear
水平基調なテールライトなど、リア周りは他のVW車と一線を画す。

ボディサイズ

寸法
全長(mm) 4,266
全幅(mm) 1,757
全高(mm) 1,494
ホイールベース(mm) 2,566

マツダ CX-3は全長4,275mm*全幅1,765mm*全高1,550mm、ホイールベースが2,570mmなので、全高以外はほぼ同じサイズです。
タイゴはクーペSUVだからか、全高がかなり低く設定されています。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

VW Taigo Interior
VW タイゴのインテリア

VW Taigo Cockpit
コクピットはデジタル化されている。

VW Taigo Steering wheel
フラットボトムなステアリングを装着している。

VW Taigo Seats
シートはコンベンショナルな形状。なお、この画像だけはR-Lineのものではない。

VW Taigo Scuff plate
R-Lineのスカッフプレート

VW Taigo Luggage
ラゲッジスペース容量は438リッター。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは1.0 TSIと1.5 TSIの2種類です。
前者には95psと110ps仕様の2つがあり、後者は150ps仕様のみとなっています。
トランスミッションは95ps仕様が5速MTのみ。110psおよび150ps仕様は6速MTが標準、オプションで7速DSGが用意されています。
駆動方式は前輪駆動のみです。

目次に戻る

運転支援システム

半自動運転システムの「I.Q.Drive トラベルアシスト」が搭載されています。
これは30~210km/hまでの速度域において、ステアリング、ブレーキ、アクセルの操作を車両が行うシステムです。
しかし、あくまで半自動運転なので、ドライバーがステアリングから手を離すことはできません。

トラベルアシストの他には、カメラ映像やGPS、地図データなどを利用し、速度を予測制御する「プレディクティブACC」や、車線変更アシスタントの「レーンアシスト」、時速5~85km/hの速度域で歩行者を検知できる自動ブレーキの「シティエマージェンシーブレーキ」なども搭載されています。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ公表されていませんが、開始価格は20,000ユーロ未満になると見られています。

VW タイゴは、2021年秋に発売予定です。
EU28ヶ国と南アフリカ、トルコで販売されます。
日本市場向きのボディサイズなので、今後国内に導入される可能性もあるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath