マクラーレン 765LTスパイダー クラス最高のパワーウエイトレシオを誇るオープン・スーパーカー

McLarenの新車情報オープンカー, スーパーカー

McLaren 765LT Spider

マクラーレンが「765LTスパイダー」を発表しました。
オープンカーというと車重が重くなるのが通例ですが、765LTスパイダーの重量は1,388kgに抑えられています。
それでいてパワーは車名の通り765psもありますから、パワーウエイトレシオは1.814です。

今回は765LTスパイダーの概要をご覧ください。

Related Posts

765LTスパイダーの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

McLaren 765LT Spider Front three quarter
マクラーレン 765LTスパイダー

McLaren 765LT Spider Front
765LTクーペと同様の顔つき。エアロも同じデザインだ。

McLaren 765LT Spider Front top
フェンダー周りもクーペと同じデザインだ。

McLaren 765LT Spider Side
ルーフを閉じるとこんな感じ。

McLaren 765LT Spider Rear three quarter
ルーフを閉じた状態を後方から。

McLaren 765LT Spider Wheel
ホイールは超軽量鍛造アロイ。

McLaren 765LT Spider Rear
エンジンフード周りがフラットなのがクーペとの違い。

McLaren 765LT Spider Exhaust
チタン製の4連エキゾースト。スチール製と比較して40%も軽量だという。

ルーフはわずか11秒で開閉可能です。

エアロはクーペと同様のものが装着されています。
そのため720Sスパイダー比で25%も多いダウンフォースを発生させることができます。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 4,600
ミラー含まない全幅(mm) 1,930
ミラー含む全幅(mm) 2,166
全高(mm) 1,193
ホイールベース(mm) 2,670
車重(kg) 1,388

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

McLaren 765LT Spider Interior
765LTスパイダーのインテリア

McLaren 765LT Spider Cockpit
軽量化のためにオーディオなどは省かれている。

McLaren 765LT Spider Console
カップホルダー前にルーフの開閉スイッチ。

軽量化のために、ラジオやエアコンは装着されていません。
しかしどちらも無料で追加することができます。
8インチの縦型ディスプレイには、ラップタイムなどの情報を表示できるそうです。

目次に戻る

シャシー

McLaren 765LT Spider Cornering

765LTスパイダーの車重は、クーペ比で49kg増となっています。
しかし720Sスパイダーと比較すると80kgも軽量です。
これは「モノケージⅡ-S」と呼ばれるカーボンモノコックの強度が十分にあるため、追加の補強を必要としないためです。

車体が軽量なため制動能力も非常に高く、制動距離は100-0km/hの場合たったの29.5m、200-0km/hでも108mしか必要としません。

目次に戻る

パワートレイン

McLaren 765LT Spider Acceleration

エンジンは4.0リッター・V型8気筒ガソリンツインターボです。
最高出力は765ps、最大トルクは800Nmとなっています。
トランスミッションは7速SSGで、後輪を駆動します。

パフォーマンスは、0-100km/hが2.8秒、0-200km/hが7.2秒、0-300km/hが19.3秒です。
0-400mは10秒フラット。
最高速は330km/hとなっています。

目次に戻る

価格・発売日

日本価格は4950万円です。

765LTスパイダーは、765台の限定生産となります。
日本導入時期や割当台数は不明ですが、2021年生産分は既に売約済みとのことです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath