マクラーレン アルトゥーラGT4 100kgの軽量化で戦闘力アップ!

McLarenの新車情報SRO-GT4, レーシングカー

McLaren Artura GT4 Front

マクラーレンアルトゥーラGT4を発表しました。
570S GT4の後を継ぐレーシングカーです。

今回はアルトゥーラGT4の概要をご覧ください。

Related Posts

アルトゥーラGT4の概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

McLaren Artura GT4 Front
マクラーレン アルトゥーラGT4

McLaren Artura GT4 Front corner
エアロは基本的にロードカー準拠だが、カナードやスプリッター、床下などが異なる。

McLaren Artura GT4 Rear corner
ウイングのステーはリアエンドから伸びているため、リアカウルを外す際にリアウイングを外さなくて済む。

McLaren Artura GT4 Rear wing
リアウイングは固定式だが迎角を調整可能。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

McLaren Artura GT4 Steering wheel
インテリアの画像はこれだけ。BOSCH製のインストゥルメントを搭載している。

目次に戻る

シャシー

ロードカーのアルトゥーラはプラグインハイブリッドですが、アルトゥーラGT4からは電気モーターやバッテリーが取り外されています。GT4レギュレーションではハイブリッドが認められていないためです。
結果として、アルトゥーラGT4はロードカー比で-130kg、570S GT4比でも-100kgという軽量化を達成しています。

フロントタイヤは570S GT4よりも幅広のものを装着。リアアクスルに搭載されるのは機械式リミテッドスリップデフです。世界中の耐久レースに対応したブレーキシステムも装着されています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンはリカルド製のV6ツインターボです。最高出力や最大トルクはまだ公表されていませんが、GT4カテゴリーの出力制限(477ps)に到達するには十分なスペックを備えているとマクラーレンはコメントしています。

ギアボックスはロードカーの8速DCTではなく、7速SSGが搭載されています。ギアレシオは570S GT4よりもローギアード化。また、ロードカーのアルトゥーラはバックギアを持たずモーターで後退する仕組みですが、アルトゥーラGT4ではレギュレーションに従いリバースギアが組み込まれています。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ判明していません。

アルトゥーラGT4は受注を開始しています。最初のユニットは2023年シーズンに間に合うようデリバリーされる予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath