BMW M3ツーリング 最速のステーションワゴン

BMWの新車情報ステーションワゴン, ハイパフォーマンスモデル

BMW M3 Touring

BMWM3ツーリングを発表しました。
M3としては初めてのステーションワゴンです。
ニュルブルクリンクを7分35秒060で周回できる最速のステーションワゴンです。

今回はM3ツーリングの概要をご覧ください。

Related Posts

M3ツーリングの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

BMW M3 Touring Front corner
BMW M3ツーリング

BMW M3 Touring Front
フロント周りは普通のM3と変わらない。

BMW M3 Touring Side
ルーフレールが標準装備されている。

BMW M3 Touring Wheel
Mコンパウンドブレーキを標準装備。

BMW M3 Touring Top
ルーフはハイグロスブラック仕上げ。

BMW M3 Touring Rear corner
ワゴンになってもリア周りの迫力がすごい。

BMW M3 Touring Rear
ワゴンには不釣り合いなクアッドエキゾーストとディフューザー。

BMW M3 Touring Rear gate open
ラゲッジスペース容量は500~1500リッター。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 4,794
全幅(mm) 1,903
全高(mm) 1,436
ホイールベース(mm) 2,857
車重(kg) 1,865(DIN)

数値は欧州仕様のものです。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

BMW M3 Touring Interior
M3ツーリングのインテリア

BMW M3 Touring Cockpit
iDriveコントローラーはまだ残っている。

BMW M3 Touring Meter
メーター液晶にはM固有のグラフィック。

BMW M3 Touring Front seat
写真のシートはオプションのMカーボンバケットシート。標準はメリノレザー仕上げのMスポーツシート。

BMW M3 Touring Rear seat
後席の広さは流石ステーションワゴンだ。

目次に戻る

シャシー

アダプティブMサスペンションや、可変ステアリングギアレシオを備えるMサーボトロニックステアリング、Mコンパウンドブレーキが標準装備されています。
Mカーボンセラミックブレーキはオプションです。
鍛造Mライトアロイホイールはフロントが19インチ、リアは20インチの前後異径。オプションでサーキット専用タイヤを装着することもできます。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは3.0リッター・直列6気筒ガソリンツインターボです。
最高出力は510ps、最大トルクは650Nmを発生。0-100km/hは3.6秒、0-200km/hは12.9秒、最高速は280km/h(Mドライバーズパッケージ装着車)となっています。
駆動方式は全輪駆動のM xDrive。2WDモードも用意されており、ホイールスリップ制限の介入しきい値を10段階に設定できます。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ判明していません。

M3ツーリングは2022年11月に生産が開始されます。ドイツ本国では9月から注文できるようになるそうです。
ヨーロッパでは販売されますが、アメリカには導入されないそうです。日本に導入されるかどうかも不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath