メルセデス・ベンツ Cクラスオールテレーン 全地形対応のステーションワゴン

Mercedes-Benzの新車情報AWD, ステーションワゴン

Mercedes-Benz C Class All Terrain

メルセデス・ベンツが「Cクラスオールテレーン」を発表しました。
Cクラスステーションワゴンの最低地上高を上げ、オフロード走行に最適化したモデルです。

今回はCクラスオールテレーンの概要をご覧ください。

Related Posts

Cクラスオールテレーンの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mercedes-Benz C Class All Terrain Front three quarter
メルセデス・ベンツ Cクラスオールテレーン

Mercedes-Benz C Class All Terrain Front
フロントグリルは水平ルーバーと縦スラットを組み合わせたもの。

Mercedes-Benz C Class All Terrain Side
最低地上高は40mm引き上げられている。

Mercedes-Benz C Class All Terrain Rear three quarter
ステーションワゴンのアバンギャルドがベースだが、Bピラーは黒で仕上げられている。

Mercedes-Benz C Class All Terrain Rear
リアバンパーにはオフローダー風のデザインが施されている。

オフロード走行向けの装備としては、3つの強力なLEDを用いたデジタルライトシステムが挙げられます。50km/h以下という制限付きですが、「Offroad」もしくは「Offroad+」モードを選択した際に、車両前方を広角に照らして最大の視野を得ることが可能です。

ボディサイズ

寸法
全長(mm) 4,755
全幅(mm) 1,841
全高(mm) 1,494

ベースのステーションワゴンと比較して、全長は+4mm、全幅+21mm、全高は+40mm拡大されています。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mercedes-Benz C Class All Terrain Interior
Cクラスオールテレーンのインテリア

Mercedes-Benz C Class All Terrain Cockpit
コンパスの表示など、Cクラスオールテレーン専用のメーターグラフィックが用意されている。

Mercedes-Benz C Class All Terrain Seat
シート形状などはCクラスステーションワゴンと同じだ。

ボディサイズが大きくなった恩恵を受け、室内もわずかに広くなっています。

ラゲッジスペース容量は490~1,510リッターです。

目次に戻る

シャシー

Mercedes-Benz C Class All Terrain

走破性を高めるために、最低地上高が40mm引き上げられました。
また、フロントの4リンクサスペンションには、Cクラスステーションワゴンよりも大きなステアリングナックルが取り付けられています。
また、急勾配を下る際にスピードが出過ぎないようにするヒルディセントコントロール(メルセデスはダウンヒルスピードレギュレーションと呼ぶ)も装備されています。

最大牽引力は1,800kg。
5km/h以下の低速時にトレーラー操作を自動でアシストする機能や、65km/h以上の速度域でESPがトレーラーを安定させるために介入する機能が付いています。

目次に戻る

パワートレイン

Mercedes-Benz C Class All Terrain

ガソリン車は2.0リッター・直列4気筒ガソリンターボのM254(258ps・400Nm)です。
ディーゼル車は2.0リッター・直列4気筒ディーゼルターボのOM654 M(200ps・440Nm)です。
どちらも48Vマイルドハイブリッドが組み合わされています。

トランスミッションは9速AT。
駆動方式は最新世代の4MATICで、駆動力配分はフロント最大45%、リア最大55%となっています。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ公表されていません。

Cクラスオールテレーンは、2021年9月にミュンヘンで開催される国際モーターショーで実車が初披露されます。
ヨーロッパでは2021年中に発売される予定ですが、日本導入次期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath