テスラ モデルSにアクティブエアロを装着したプロトタイプ

Teslaの新車情報EV, テスラ・モデルS

Tesla Model S Track Pack Prototype with Active Aero

テスラ モデルSアクティブエアロを装着したプロトタイプが、ニュルブルクリンクに姿を現しました。サーキット向けの「トラックパック」をテストしているようです。
市販EVのラップレコードを既に持っているテスラ モデルS(7分35秒579)ですが、まだ満足していないのでしょうか。

今回はモデルS・トラックパックのスパイショットをご覧ください。

Related Posts

モデルS・トラックパックのスパイショット

エクステリア

スパイショット

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Tesla Model S Track Pack Prototype with Active Aero Front
モデルSのプロトタイプ。トラックパックを装着したモデルと考えられている。

Tesla Model S Track Pack Prototype with Active Aero Front three quarter
フロントスプリッターの巨大さがわかる。サーキット向けの仕様である可能性が高い。

Tesla Model S Track Pack Prototype with Active Aero Side
車高は低めだが、ベタベタというほどではない。

Tesla Model S Track Pack Prototype with Active Aero Side rear
アクティブエアロはGTウイングのように取り付けられている。

Tesla Model S Track Pack Prototype with Active Aero Rear three quarter
低速コーナーなのでリアウイングの迎角が最大になっている

Tesla Model S Track Pack Prototype with Active Aero Rear
加速し始めるとリアウイングが水平になる

アクティブエアロはエアブレーキとして使うこともできるようです。

目次に戻る

シャシー

ブレーキシステムが新しいものに変更されているようです。
ただしタイヤはミシュラン パイロットスポーツ4Sで、カップ2Rのようなハイグリップタイヤは装着されていません。タイヤサイズはフロント265/35 21インチ、リア305/30 21インチです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath