フェラーリ テスタロッサのレストモッド

チューニングRestomod, スーパーカー

Officine Fioravanti Testarossa Restomod Front

スイスのOfficine Fioravantiという会社が、フェラーリ テスラロッサレストモッド(レストア+モディファイ)を製作しました。
一見ノーマルのテスタロッサですが、中身は現代的な仕様にアップグレードされています。

今回はモダンになったテスタロッサの概要をご覧ください。

Related Posts

テスタロッサのレストモッド

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Officine Fioravanti Testarossa Restomod Front
テスタロッサのレストモッド

Officine Fioravanti Testarossa Restomod Side
外観はノーマル然としている

Officine Fioravanti Testarossa Restomod Fender
テスタの特徴であるサイドフィンも維持されている

Officine Fioravanti Testarossa Restomod Wheel
ブレンボキャリパーを収めるべく、ホイールは大径化された。

Officine Fioravanti Testarossa Restomod Rear three quarter
リア周りもノーマルの雰囲気が保たれている。

Officine Fioravanti Testarossa Restomod Rear
ワイドな車幅は現代においてもインパクト十分だ。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Officine Fioravanti Testarossa Restomod Cockpit
テスタロッサ・レストモッドのインテリア

Officine Fioravanti Testarossa Restomod Interior
外装と同様、内装も80年代当時のままだ。

Officine Fioravanti Testarossa Restomod Console
センターコンソールには各種インジケーター

Officine Fioravanti Testarossa Restomod Phone
80年代の車載電話風の受話器が設置されているが、中身はBluetooth接続になっているらしい。

Officine Fioravanti Testarossa Restomod Switch
電子制御システムの調整ダイヤル

Officine Fioravanti Testarossa Restomod Mode selector
新車当時には無かったモード切替スイッチだが、デザインがレトロなので違和感はない。

Officine Fioravanti Testarossa Restomod Seat
シート形状もノーマルから変わっていない

Officine Fioravanti Testarossa Restomod luggage
シート後方にはちょっとした荷物置き場がある

目次に戻る

シャシー

ブレーキはブレンボに変更されています。
大型のキャリパーとディスクを収めるべく、ホイールも16インチからフロント17インチ、リア18インチに大径化されました。

ショックアブソーバーはオーリンズの電子制御式ダンパーに変更。
スタビライザーは6wayの調整が可能です。
調整可能なABSやトラクションコントロールも装備されています。

目次に戻る

パワートレイン

Officine Fioravanti Testarossa Restomod Engine

エンジンはノーマルと同じく5リッターのV型12気筒ガソリン自然吸気ですが、ブロックや吸排気システムは全て作り直され、レブリミットが9,000rpmに上昇しています。
ノーマルテスタロッサの390psから、このモデルでは500psにパワーアップ。
トランスミッションは5速MTのままですが、最高速は300km/hから323km/hに向上しました。

200mph ultimate Testarossa: next level restomod.
サーキットテストの動画

目次に戻る

価格・発売日

Officine Fioravantiは価格も生産台数も明らかにしていません。
レストモッドなので、改造費用の他にドナーカーが必要になるはずですから、総額で1億円以上はかかるのではないでしょうか。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath