三菱 エクスパンダーがマイナーチェンジ

三菱の新車情報7人乗り, MPV

Mitsubishi Xpander Facelift

三菱が海外で展開しているMPV(マルチパーパスビークル)の「エクスパンダー」が、マイナーチェンジされました。
最低地上高の高いオフローダー風のMPVで、全長は4.6m弱(M/C後モデル)ながら、7人乗りとなっているのが特徴です。

今回は新型エクスパンダーの概要をご覧ください。

Related Posts

新型エクスパンダーの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mitsubishi Xpander Facelift
三菱 新型エクスパンダー

Mitsubishi Xpander 2018 Front
こちらが2018年モデルのエクスパンダー

Mitsubishi Xpander Facelift Rear
テールランプは新型アウトランダー風

Mitsubishi Xpander 2018 Rear
参考画像として2018年モデルのリア周り

ダイナミックシールドを継続しつつも、より力強い印象のデザインに改められました。テールライトはアウトランダーなどのデザインに近いものとなっています。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 4,595
全幅(mm) 1,750
全高(mm) 1,750
ホイールベース(mm) 2,775
車重(kg) 1,220~1,275

デザインの変更に伴い前後オーバーハングが伸びましたが、ホイールベースは変わっていません。
全高も50mmほど上がっていますが、これは最低地上高が220~225mmに引き上げられた影響だと思います。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mitsubishi Xpander 2022 Facelift Interior
新型アウトランダーのインテリア

Mitsubishi Xpander 2022 Facelift Dashboard
ダッシュボードは水平基調のデザインに変更。タッチスクリーンは9インチに大型化された。

Mitsubishi Xpander 2022 Facelift Seat
7人乗りが可能なエクスパンダーだが、3列目はちょっと狭そう。

目次に戻る

シャシー

フロントサスペンションの剛性が向上した他、4本のショックアブソーバーが大きくなり、バルブも高性能なものに変更されました。
ホイールは16インチまたは17インチがラインナップされています。

目次に戻る

パワートレイン

1.5リッター・直列4気筒ガソリン自然吸気エンジンの最高出力や最大トルク(105ps・141Nm)に変更は無いものの、EGR(Exhaust Gas Recirculation, 排ガス再循環)が追加されたことにより、よりクリーンなエンジンに改良されました。

また、4速ATだったギアボックスは、今回のマイナーチェンジでCVTに変更されています。

目次に戻る

価格・発売日

生産が行われているインドネシアでは、237,900,000ルピアから販売されています。
日本円に単純換算すると、およそ188万円です。

インドネシアではまもなく発売される予定ですが、他の市場では少し遅れるものと思われます。
エクスパンダーはインドネシア、フィリピン、タイ、マレーシア、ブルネイ、ミャンマー、バングラデシュ、南アフリカ、メキシコなどで販売されていますが、先進国には導入されていません。
新型が日本に導入される可能性も低いでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath