三菱 新型エアトレック BEVに生まれ変わって復活!

三菱の新車情報EV, SUV

Mitsubishi Airtrek BEV

三菱自動車が「新型エアトレック」を発表しました。
初代エアトレックは2001年に発売されたクロスオーバーSUVでしたが、2008年に生産終了となり、その地位はアウトランダーに引き継がれました。
そのためエアトレックの車名はしばらく途絶えていたのですが、中国市場向けのBEV(バッテリーEV)に生まれ変わり、復活しました。

今回は新型エアトレックの概要をご覧ください。

Related Posts

新型エアトレックの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mitsubishi Airtrek BEV Front
三菱 新型エアトレック

Mitsubishi Airtrek BEV Headlight
もはやお馴染みとなったダイナミックシールドだが、ヘッドライトは独特な形状。

Mitsubishi Airtrek BEV Side
Aピラーがかなり前方にあるキャブフォワードなデザイン。

Mitsubishi Airtrek BEV Door handle
フラッシュドアハンドルを採用している。

Mitsubishi Airtrek BEV Roof
サンルーフを装着している。

Mitsubishi Airtrek BEV Rear
テールゲートガラスは上下幅がかなり狭い。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 4,630
全幅(mm) 1,920
全高(mm) 1,728
ホイールベース(mm) 2,830
車重(kg) 1,900

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mitsubishi Airtrek BEV Interior
新型エアトレックのインテリア

Mitsubishi Airtrek BEV Meter
メーター液晶には多彩な情報を表示可能。AR(拡張現実)を用いたナビゲーションできる。

Mitsubishi Airtrek BEV Dashboard
シンプルでクリーンなインテリア。ソフトパッドが多用されているように見える。

Mitsubishi Airtrek BEV Display
大型のタッチスクリーンを装着している。

Mitsubishi Airtrek BEV Console
センターコンソールは物理ボタンが少なくスッキリとしたデザイン。

Mitsubishi Airtrek BEV Front seat
シートはホールド性の良さそうな形状。

Mitsubishi Airtrek BEV Rear seat
後席の圧倒的な広さはEVならでは。

目次に戻る

パワートレイン

モーターの最高出力を三菱は公表していないのですが、135kW(184ps)だと推定されています。モーターとインバーター、リダクションドライブが1つのユニットに統合されているとのことなので、シングルモーター仕様なのでしょう。
バッテリー容量は70kWhで、航続距離は中国のCLTC基準で520kmとなっています。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。

新型エアトレックは、中国で2022年春に発売されます。
日本導入の可能性は低いでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath