ソニー VISION-S 02 EV参入への布石となる電動SUV

他メーカーの新車情報EV, SUV, コンセプトカー

SONY VISION-S 02

ソニーEV事業への参入を本格的に検討しています。2022年春にソニーモビリティ株式会社を設立することを発表しました。
また、コンセプトカー「VISION-S 02」も併せて発表されています。

今回はVISION-S 02の概要をご覧ください。

Related Posts

ソニー VISION-S 02の概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

SONY VISION-S 02 Front three quarter
ソニー VISION-S 02

SONY VISION-S 02 Headlight
ヘッドライトはセダンのVISION-S 01と同様のデザインだ

SONY VISION-S 02 Wheel
ホイールは20インチ。空力的な処理が施されている。

SONY VISION-S 02 Side
テスラ モデルXよりもリア周りがこんもりとしている

SONY VISION-S 02 Rear top
リア周りもシンプルなデザインだ

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 4,895
全幅(mm) 1,930
全高(mm) 1,650
ホイールベース(mm) 3,030
車重(kg) 2,480

テスラ モデルXと比較すると、全長は109mm短く、全幅は108mm狭いものの、全高は24mm高くなっています。
また、ホイールベースは31mm短いだけなので、全長/ホイールベース比はVISION-S 02の方が小さいです。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

SONY VISION-S 02 Interior
VISION-S 02のインテリア

SONY VISION-S 02 Cockpit
開放感のある室内。白い内装なのもあって明るい印象だ。

SONY VISION-S 02 Dashboard
「BRAVIA CORE for VISION-S」と呼ばれる映像配信サービスを搭載しているのだという。

SONY VISION-S 02 Front seat
シートは大ぶりで、アメリカ市場を意識したようなデザイン。頭上空間も広い。

SONY VISION-S 02 Seat Layout
シートレイアウトは7シーター。3列目は流石に狭そうだが、子供なら乗れそうだ。

SONY VISION-S 02 Seat fold
シートを倒せば広大なラゲッジスペースが出現する

SONY VISION-S 02 Captain seat
こちらはおそらく4座席仕様。シート下部にはオットマンらしきものも見える。

シートにはスピーカーが仕込まれており、360 Reality Audioに対応したストリーミングサービスと組み合わせることで、没入感のある音楽体験ができるそうです。

目次に戻る

シャシー

サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーン式で、エアサスとなっています。

目次に戻る

パワートレイン

デュアルモーターAWD(全輪駆動)であるVISION-S 02は、272psを発生するモーターを前後の車軸にそれぞれ1つずつ搭載しています。
最高速は180km/hと、セダンのVISION-S 01(240km/h)よりも低速です。

目次に戻る

ADAS(先進運転支援システム)

高性能なCMOSセンサーやLiDARを用いて、周囲360°の状況をリアルタイムに認識・把握できます。
また、緊急車両の接近などをドライバーが認識できるように、車内の音響システムやHMI(ヒューマンマシンインターフェース)を通じて、直感的なインフォメーションを提供するそうです。

また、ソニーはADAS Level2+相当の公道リリースに向けて、機能検証を欧州で行っているのだとか。完成すればシステムを他社に供給することもあり得るでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath