BMW iX M60 電動ハイパフォーマンスSUV

BMWの新車情報EV, SUV, ハイパフォーマンスモデル

BMW iX M60

BMWが「iX M60」を発表しました。
電動SUVであるiXのハイパフォーマンスバージョンです。

今回はiX M60の概要をご覧ください。

Related Posts

BMW iX M60の概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

BMW iX M60 Front three quarter
BMW iX M60

BMW iX M60 Front
キドニーグリルに刻まれたブロンズの模様がかっこいい

BMW iX M60 Wheel
ホイールは空力に配慮した造形となっている

BMW iX M60 Side
Cd値は0.26

BMW iX M60 Roof
ルーフは軽量化のためにCFRPで作られている

BMW iX M60 Side rear
リアスポイラーは標準のiXと同じもののようだ

BMW iX M60 Rear
リア周りも標準車と同じ。違いはM60のバッジのみ。

スタンダードモデルからの外観上の変更点は、21インチのエアロバイカラーホイール、Mブランドのブルーキャリパー、テールゲートのM60エンブレムなど僅かです。
22インチホイールはオプションとなります。
Cd値はスポーツモード時に0.26とかなり優れています。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

BMW iX M60 Cockpit
iX M60のインテリア

BMW iX M60 Interior
BMWライブコクピットは、2つのディスプレイをつなげたカーブドディスプレイになっている。

BMW iX M60 Luggage
積載能力も十分だ

大型のBMWカーブドディスプレイが装備されています。
インフォテイメントは最新世代のiDriveを搭載。
音声やジェスチャーを通じて操作も可能です。

オーディオはBowers&Wilkins社製。
アクティブシートベンチレーションやヒートコンフォートパッケージも装着されています。

目次に戻る

シャシー

シャシーはアルミニウム製のスペースフレームに、CFRPのルーフやサイドおよびリアセクションを組み合わせたカーボンケージと呼ばれるものです。
これにより軽量かつ高剛性なシャシーとなっています。
また、バッテリーは車体下部に搭載されているため、重心が低く、前後車軸の荷重バランスも最適化されています。

サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン、リアは5リンクです。
ダンパーは特別にセッティングされた電子制御のエアサスで、自動レベル制御も備わっています。

目次に戻る

パワートレイン

デュアルモーターで構成される電動パワートレインは、619ps・1015Nmを発生します。
ローンチコントロール使用時には1100Nmを生み出し、0-100km/hをわずか3.8秒でこなすというのですから驚きです。

最高速は250km/h。
バッテリー容量は106.3kWhで、航続距離はWLTP基準で566kmとなっています。

目次に戻る

価格・発売日

日本価格に関する情報はまだありません。

実車のお披露目は2022年1月にアメリカで開催されるCESで行われる予定でしたが、ドイツからのライブストリーミングに変更された模様です。
発売は2022年6月に開始されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath