メルセデス・ベンツ EQXX 航続距離はついに1000km到達

Mercedes-Benzの新車情報EV, セダン

Mercedes Benz Vision EQXX

メルセデス・ベンツが「ヴィジョンEQXX」を発表しました。
BEV(バッテリーEV)のコンセプトカーですが、メルセデスはこれまでで最も効率的な車であると主張しています。

今回はEQXXの概要をご覧ください。

Related Posts

EQXXの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mercedes Benz Vision EQXX Front three quarter
メルセデス・ベンツ ヴィジョンEQXX

Mercedes Benz Vision EQXX Front
顔つきはこれまでのどのメルセデス・ベンツ車とも異なる。空力を重視した結果だ。

Mercedes Benz Vision EQXX Side
ロングテールなデザインだが、全長は4,630mmと比較的短め。

Mercedes Benz Vision EQXX Rear three quarter
リアディフューザーは可変式とのこと。

Mercedes Benz Vision EQXX Rear end
独特な形状をしたテールエンド。

Mercedes Benz Vision EQXX Rear
後ろから見るとショルダーの張り出し方がエグい。

これまでのメルセデス・ベンツ車とは全く異なるデザインとなっています。航続距離を伸ばすために、空力を徹底的に追求してあるからです。そのためCd値は0.17しかありません。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 4,630
全幅(mm) 未発表
全高(mm) 未発表
ホイールベース(mm) 2,800
車重(kg) 1,750

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mercedes Benz Vision EQXX Dashboard
EQXXのインテリア

Mercedes Benz Vision EQXX Display
47.5インチの8Kディスプレイ。将来はこれが標準的になるのだろうか。

Mercedes Benz Vision EQXX Console
センターコンソールにはハザードスイッチくらいしかボタンが無い。

Mercedes Benz Vision EQXX Door inner trim
ドアプルがファブリック製なのが面白い。おそらく軽量化のためだろう。

Mercedes Benz Vision EQXX Floor mat
ふかふかのフロアマット

Mercedes Benz Vision EQXX Seat
シートは4座。持続可能な材料で作られている。

インテリアの目玉は、何と言っても47.5インチ・8Kの巨大なディスプレイでしょう。
EQSの55インチハイパースクリーンには及びませんが、EQSが3枚のパネルをつなげたものであるのに対し、EQXXは1枚のパネルで構成されています。

SDGsに配慮し、シートにはサボテンから生み出された持続可能なDessertexという素材を使用。
リアフロアは、赤ちゃん用おむつなどの埋め立てゴミから作られたプラスチックとなっています。

目次に戻る

パワートレイン

900Vのバッテリーパックが搭載されています。
これはメルセデスAMG F1のパワーユニットを開発しているHPP(ハイ・パフォーマンス・パワートレインズ)が開発したもので、重さは495kgしかありません。
容量は100kWhで、それ自体はEQS 450+と同じであるものの、容積は50%小さく、重量は30%も軽くなっています。

軽量な車体(1,750kg)のおかげもあり、航続距離は何と1,000kmを実現。
100kmを走行するのにわずか10kWhしか使用しません。
パワートレイン自体の伝達効率も高く、エネルギーの95%が車輪に到達するとメルセデスは主張しています。

ただしEQXXは効率を追求したモデルであるため、シングルモーターの後輪駆動車となっており、最高出力は204psと非力です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath