シンガー 911ターボスタディ 往年の930ターボを現代的な解釈で再現

チューニングRestomod, シンガー・ビークル・デザイン, スポーツカー

Singer 911 Turbo Study

ポルシェ 911のレストモッド(レストア+モディファイ)で有名なシンガーが、930ターボのスタイリングにインスピレーションを得た「911ターボスタディ」を発表しました。
見た目は930ですが、シャシーは964がベース、そして外装はほぼ全てがカーボンで作られています。

今回はシンガー 911ターボスタディの概要をご覧ください。

Related Posts

シンガー 911ターボスタディの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Singer 911 Turbo Study Front three quarter
シンガー 911ターボスタディ

Singer 911 Turbo Study Nose
ビッグバンパーも再現されているが、ヘッドライトはオリジナルよりやや小さい。

Singer 911 Turbo Study Side
横から見るとAピラーがかなり立っていることがわかる

Singer 911 Turbo Study Intake
リアフェンダー前端にはオリジナルには無かったエアインテークが設けられている。おそらくインタークーラー冷却用。

Singer 911 Turbo Study Rear three quarter
迫力あるリア周り。930ターボの象徴であるホイールテールも再現されている。

Singer 911 Turbo Study Rear
リアフェンダーの張り出しは現代の911にも引き継がれている

ドア以外のボディパネルは全て変更され、そのほとんどがカーボンで作られています。
デザインは930ターボをほぼ忠実に再現しており、LED化され小さくなったヘッドライトやウインカーなど、オリジナルとの違いはわずかです。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Singer 911 Turbo Study Interior
911ターボスタディのインテリア

Singer 911 Turbo Study Meter
5連メーターはオリジナルと同じだが、それぞれの質感ははるかに高い。

Singer 911 Turbo Study Seat
スポーツ性と高級感を兼ね備えたシート。

Singer 911 Turbo Study Luggage
後席部分はラゲッジスペースになっている。

目次に戻る

パワートレイン

Singer 911 Turbo Study Engine

エンジンは3.8リッター・空冷水平対向6気筒ガソリンツインターボです。
インタークーラーは最新型である992のように2つ搭載されていますが、930ターボのようにリアウイング下のボックスに搭載されているのではなく、見えない位置に隠されています。

最高出力は456ps以上。
トランスミッションは6速MTとなっています。
駆動方式はRWD(後輪駆動)が基本ですが、顧客の要望があればAWD(全輪駆動)仕様にすることもできるのだそうです。

目次に戻る

価格・発売日

Singer 911 Turbo Study Rear top

価格は約75万ドルだそうです。なお、生産台数に制限はありません。

911ターボスタディは、2022年7月のグッドウッドフェスティバルオブスピードでデビューします。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath