アルファロメオ トナーレがついに登場。PHEVもラインナップ!

Alfa Romeoの新車情報48Vマイルドハイブリッド, PHEV, SUV

Alfa Romeo Tonale 2022

アルファロメオ トナーレが、ついに正式発表されました。
アルファ待望のコンパクトSUVには、PHEV(プラグインハイブリッド)仕様も用意されています。

今回はトナーレの概要をご覧ください。

Related Posts

アルファロメオ トナーレの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Alfa Romeo Tonale 2022 Front
アルファロメオ トナーレ

Alfa Romeo Tonale 2022 Front top
スタイリッシュなSUVだ

Alfa Romeo Tonale 2022 Headlight
コンセプトカーと比較すると、ヘッドライトの上下幅が広くなっている。

Alfa Romeo Tonale 2022 Side
コンセプトカーではフラッシュドアハンドルだったのだが、一般的なものになってしまった。

Alfa Romeo Tonale 2022 Rear three quarter
ルーフラインはほぼ水平だが、テールゲートガラスはかなり傾斜しているため、クーペSUVっぽく見える。

Alfa Romeo Tonale 2022 Rear
テールライトは水平基調だが、左右の波打つようなデザインで変化をつけている。

Alfa Romeo Tonale 2022 Taillight
バッジ部分が立体的でかっこいい

全長は4,530mm、全高は1,600mmとなっています。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Alfa Romeo Tonale 2022 Cockpit
トナーレのコクピット。センターコンソールのタッチスクリーンは10.25インチとなっている。

Alfa Romeo Tonale 2022 Meter
液晶メーターは12.5インチ

Alfa Romeo Tonale 2022 Seat
サポートが大きく張り出したスポーティーなシート。ダッシュボードの仕上げも上質だ。

後席の画像が公開されていないのが残念です。

目次に戻る

シャシー

アルファロメオによると、トナーレのステアリングギア比は13.6:1であり、このクラスの車で最もクイックなのだそうです。

ブレーキにはブレンボの4ピストンキャリパーを装備。
ショックアブソーバーは機械式の減衰力自動調整機能を備えたコニのFSDを標準装備。オプションで電子制御のアダプティブダンパーも装着できます。

機械式のリミテッドスリップデフ(LSD)は装着されていませんが、代わりにブレーキLSDが搭載されているようです。

目次に戻る

パワートレイン

ガソリン車は1.5リッター・直列4気筒ターボで、48Vマイルドハイブリッドと組み合わされています。
ベーシックモデルのエンジン出力は130ps、VGT(可変ジオメトリターボ)を搭載する上級モデルのエンジン出力は160psで、マイルドハイブリッドの電気モーターは21psを発生します。
トランスミッションは7速DCT。駆動方式はFWD(前輪駆動)もしくはAWD(全輪駆動)です。

北米では2.0リッター・直列4気筒ターボのガソリン車も用意されます。
このエンジンは260psを発生し、9速ATと組み合わされます。駆動方式はAWDのみです。
また、ヨーロッパでは130psのディーゼル車も用意されるようです。

PHEVは前輪を駆動する1.3リッター・直列4気筒ターボ「MultiAir」エンジンと、後輪を駆動する電気モーターという構成で、システムの総出力は275psとなっています。
0-100km/hは6.2秒となかなかの俊足。
搭載されているバッテリー容量は15.5kWhで、60kmのEV走行が可能です。

目次に戻る

NFT

トナーレのユニークな装備として、NFT(非代替性トークン)を利用した車両データの記録システムが挙げられます。
おそらくNFTを利用した整備簿のようなものでしょう。
これにより車両が適切に保守されていることが証明でき、車両残価を高めるために役立ちます。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ公表されていませんが、米国では30,000ドル台半ばから後半になるとの見通しです。
トナーレはBMW X1やアウディQ3、メルセデス・ベンツ GLAのライバルとして開発された車なので、それらと同等かやや安いくらいの価格設定になると思います。

欧州では2022年夏に、英国では2022年9月に、米国には2023年第1四半期に発売される予定です。
日本導入時期は不明ですが、米国よりも後になる可能性が高いと思います。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath