アルファロメオ トナーレのスパイショット デビューは間近か

Alfa Romeoの新車情報PHEV, SUV

Alfa Romeo Tonale Spyshot

アルファロメオのコンパクトSUV「トナーレ」は、発売が遅れています。
本来は2021年秋に発売される予定だったのですが、プラグインハイブリッドパワートレインの性能が不十分ということで、未だ開発中です。

そのトナーレのプロトタイプが公道に姿を現しました。
市販バージョンのヘッドライト / テールライトを装着していると思われる個体で、コンセプトカーとはやや異なるデザインとなっています。

今回はアルファロメオ トナーレの最新情報と、スパイショットをご覧ください。

Related Posts

アルファロメオ トナーレの最新情報

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Alfa Romeo Tonale Spyshot Front
アルファロメオ トナーレのスパイショット

Alfa Romeo Tonale Spyshot Front three quarter
コンセプトカーのヘッドライトは非常に薄かったが、市販バージョンでは厚みがある一般的な形状になった。カモフラージュはセンサー類の部分だけ切り抜かれている。

Alfa Romeo Tonale Spyshot Side front
ボンネットもコンセプトカーとは異なり、かなり丸みを帯びている。

Alfa Romeo Tonale Spyshot Side rear
テールゲートガラスの傾斜はコンセプトカーと同様だ。

Alfa Romeo Tonale Spyshot Rear three quarter
テールライトも市販バージョン。ヘッドライトと同様に、コンセプトカーよりも厚みがある。

Alfa Romeo Tonale Spyshot Rear
バンパーの両サイドから排気しているものと思われる。

ボディサイズ

車体寸法
全長(mm) 4,528
全幅(mm) 1,835
全高(mm) 1,604
ホイールベース(mm) 2,626

トナーレはジープ コンパスとプラットフォームを共有しますが、ボディサイズはコンパスよりも全長と全幅が大きく、全高はやや低くなっています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンはジープ コンパスと同じ1.3リッター・直列4気筒ガソリンターボで、マイルドハイブリッドと組み合わされています。
最高出力は130psまたは160psです。

プラグインハイブリッドは、1.3リッターのエンジンが前輪を、電気モーターが後輪を駆動する方式を採用しています。
このシステムの最高出力は240ps、最大トルクは520Nmです。
EV航続距離は50kmとなる予定です。

目次に戻る

価格・発売日

開始価格は28,000ユーロになると見られています。
記事執筆時点のレートで日本円に単純換算すると、およそ366万円です。

発表は2022年2月に行われると噂されています。
欧州での発売は2022年7月になるでしょう。
日本導入時期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath