ポルシェ 986型ボクスターをサーキット専用に改造!

チューニングスポーツカー, チューニングカー

Porsche 968 Prototype

ポルシェ 986型ボクスターは、1996年に登場した初代ボクスターです。
その986をサーキット専用マシンに改造したものが上の「968プロトタイプ」です。
車名の由来は不明ですが、986型ボクスターはポルシェ 968の後継モデルだからでしょうか。

968プロトタイプは、ボディワークをケブラーやカーボンファイバーに置き換え、1トンを切る車重を実現しています。
そしてエンジンはツインターボ化され、600psオーバーです。

今回は968プロトタイプの概要をご覧ください。

Related Posts

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Porsche 968 Prototype Front three quarter
ポルシェ 968プロトタイプ。ベースは986型ボクスターだ。

Porsche 968 Prototype Front
フロントウィンドウはAピラーごと除去され、スピードスターのようなスタイリングになっている。

Porsche 968 Prototype Top front
佇まいは完全にレーシングカーだ。

Porsche 968 Prototype Side
Aピラーが無い分、車体の低さが強調されている。ちなみに全高は980mmしかない。

Porsche 968 Prototype Top Rear
エンジンフードが作り変えられているので、車体後方が長く見える。

Porsche 968 Prototype Roll bar
ロールバーの存在感がすごい。

Porsche 968 Prototype Rear
巨大なリアウイングのステーはテールエンドから生えている。リアディフューザーは見当たらない。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Porsche 968 Prototype Cockpit
968プロトタイプのコクピット

Porsche 968 Prototype Taco meter
スタックのタコメーターが装着されている。

Porsche 968 Prototype Dashboard
カーボンで製作されたダッシュボードが美しい。

Porsche 968 Prototype Switch
整然と並ぶスイッチ類。

Porsche 968 Prototype Seats
momo製のフルバケットシートを装着している。シート後方には巨大な吸気口があり、インタークーラーへフレッシュエアを供給している。

目次に戻る

シャシー

ブレーキはフロントがAP製、リアはブレンボ製となっています。
ボッシュのレーシングABSも装着されているようです。
ホイールはFIKSE製で、センターロック式の18インチとなっています。

ボディワークはケブラーとカーボンファイバーで製作されており、車重は980kgしかありません。ノーマルの車重は1,270kgですから、290kgも軽量化されています。

目次に戻る

パワートレイン

Porsche 968 Prototype Engine

ベースは2000年型の986ボクスター(2.7リッター・水平対向6気筒自然吸気, 220ps, 260Nm)ですが、この968プロトタイプは3.6リッター・水平対向6気筒ツインターボです。
最高出力は625ps、最大トルクは750Nmと大幅なパワーアップを遂げています。
パワーアップに伴い冷却系も強化されています。

Porsche 968 Prototype Frank
フロントのトランク部分は安全タンクで埋まっている。

パフォーマンスは、0-200km/hが9.8秒。最高速は325km/hです。

目次に戻る

価格

価格は149,900ユーロで販売されています。
日本円に単純換算すると、およそ1925.5万円です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath