新型WRX STIは登場しない!? まだ希望は残されているが……

スバルの新車情報AWD, スポーツカー

Subaru WRX STI S208
WRX STI S208

スバル次期WRX STIに関する公式のステートメントを発表しました。
それによると「新型WRX(VB型)プラットフォームをベースとした、内燃機関搭載の次世代WRX STIは生産されない」とのことです。
残念ながら、これまでのようなパッケージングでのWRX STIは、もう登場することはないでしょう。

しかし文言にはひっかかるところがあります。
今回は公式のステートメントを分析し、次期WRX STIの可能性について検証します。

Related Posts

次期WRX STIは登場するのか?

Subaru WRX 2022 Front
スバル 新型WRX(VB型)

スバルはZEV(ゼロ・エミッション・ヴィークル)規制やCAFE(コーポレート・アベレージ・フューエル・エコノミー)規制に合わせて、将来のスポーツカーやハイパフォーマンスカーをどう進化させるかを考えているのだそうです。

VB型WRXをベースにした「内燃機関搭載の次世代WRX STI」が登場しないということは、つまるところEJ20の後継エンジンは開発されないという宣言に他なりません。

インプレッサSTIや搭載されたEJ20ターボは、AWDシステムと共にスバルの高性能車の象徴でした。
スバルの主力エンジンがFA / FB型エンジンに切り替わった後もWRX STIに受け継がれ、令和のモータースポーツシーンでも活躍してきましたが、EJ20の製造は2020年3月に終了しています。

鍵は電動化?

Subaru WRX 2022 Front and rear

次世代高性能エンジンの開発が行われないからといって、WRX STI自体が登場しないと考えるべきではないでしょう。
電動化でパフォーマンスを補うことができるからです。
公式ステートメントにも「電動化を含む次世代WRX STIの可能性を探っている」と書かれています。

VB型WRXのプラットフォームであるSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)は電動化に対応しているので、ストロングハイブリッドやプラグインハイブリッド(PHEV)による高性能化も可能なはずですが、公式ステートメントではそれを否定しています。
つまり、プラットフォーム自体が切り替わることになるわけです。

スバルは既に北米で「クロストレック ハイブリッド」を発売していますが、中身はトヨタのプリウスPHVです。
コストの面を考えても、おそらくトヨタ無しではスバル車の電動化は進まないでしょう。
次期WRX STIを電動化させるにしても、トヨタと足並みを揃えてという形になると思います。
トヨタとプラットフォームを共有し、PHEVやもしかするとEVのWRX STIが登場するのかもしれません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath